発声と音声表現のQ&Aブログ

ヴォイストレーニング専門の研究所内外の質問と、トレーナーと専門家のQ&Aブログです。 あくまで回答したトレーナーの見解であり、研究所全体での統一見解ではありません。また、目的やレベル、個人差により、必ずしもあなたにあてはまるとは限りません。参考までにしてください。 カテゴリーから入ってみると便利です。 【rf :他に詳しく答えているのがあるので、それを参考にしてくださいという表記です。】 引き続き、ご質問もお待ちしています。できるだけ順次とりあげていきます。

Q.喉の調子がよく歌えるのは2時間くらいだと聞いたのですが、本当ですか。

A. 個人差がありますし、歌い方によってもかなり違ってくると思います。しっかりと歌うような歌手の場合は、実際のところ1時間くらいがよいところではないでしょうか。歌といっても間奏があったり間を空けたりするわけですから、続けて2時間、声を出しっぱなしもないと思います。

Q.トレーニングをすると寝起きでもすぐにベストな状態で声が出るようになるのでしょうか。☆

A. これについては個人差があります。トレーニングについても、最初から声がピークに近いほど出る人と、何十分もかけないとうまく出にくい人がいます。

レーニングをしていくにつれ、それはよりよい状態になりますが、やはり時間のかかる人がいます。時間がかかるからダメではなく、時間をかけても高いレベルの歌唱ができればよいわけですから、自分を知ってセッティングできるようにすればよいと思います。

Q.カラオケでは、ヴォイストレーニングは、不向きですか。

A. カラオケは、音響の効果によって共鳴がついてフレージングが実際よりもうまく聞こえてしまいます。ステージもマイクを使いますから、それでよいのですが、逆にそれをとったときに、下手に聞こえるとしたら、そこを直すのが基本的なトレーニングになります。本当にうまい人は、マイクをつけなくてもうまく聞こえるからです。でも、声でなく歌唱トレーニングです。