発声と音声表現のQ&Aブログ

ヴォイストレーニング専門の研究所内外の質問と、トレーナーと専門家のQ&Aブログです。 あくまで回答したトレーナーの見解であり、研究所全体での統一見解ではありません。また、目的やレベル、個人差により、必ずしもあなたにあてはまるとは限りません。参考までにしてください。 カテゴリーから入ってみると便利です。 【rf :他に詳しく答えているのがあるので、それを参考にしてくださいという表記です。】 引き続き、ご質問もお待ちしています。できるだけ順次とりあげていきます。

03.発声

Q.口角は上げたままに固定するのですか。

A. 上げたら上げただけよいというような事は決してありません。そもそも見た目におかしいでしょう。しかし見た目におかしくても、ほんとに音色がよくなり歌唱力が上がるならそれもありです。ただし、そういう歌手がいるからといって、自分もそうすればよい…

Q.笑顔で口角を上げて歌うのがきついです。

A. 表情筋が鍛えられていなかったり柔軟な状態を保てない時にそうなるのであれば、それはできるだけ使って、慣れていきましょう。 何事も限度がありますから、無理が来ることは禁物です。口角を上げなくては響かないというのは嘘で、より細かなところでの微…

Q.ヴォイトレで、あくびがよく使われるのはなぜですか。☆

A. 発声のときのフォームをシミュレーションするのに、口角や軟口蓋が上がり、喉頭や舌根が下がり、リラックスしていることを、わからせるのに、あくびの状態で確認するわけです。 ヴォイトレになると、特にこの3条件に厳しくなっている傾向があります。 相…

Q.あくびの口で歌うのですか。

A. そんなヴォーカルを見たことありますか。いつも疑問を持った時、まずは常識で考えてみるところからスタートしてください。そして、その指示やメニュがどういう目的とプロセスなのかをできるだけ把握してみてください。もちろん最初わからなくて、いわれ…

Q.お腹から声を出せといわれます。☆

A. これもイメージの問題で、喉で声を出すのですが、「喉で声を出せ」というトレーナーはいないでしょう。なぜなら、そんなこといわれなくても、喉で声を出しているからです。大切なのは、声は呼吸でコントロールするものということです。どんな声でもよい…

Q.お腹から声を出せといわれて、出せません。

A. 腹式呼吸というのを、お腹に力を入れるというふうに捉えるのは、あまりよいことではありません。そういう注意を受けたときに、それが別の何かを目指していることもあるでしょう。 例えば喉とか、部分的に力が入っているので、それを全体で支えるようにす…

Q.ビブラートをうまくかけて歌えません。チリメンビブラートがよくないといわれます。伸ばした声が震えます。

A. それは歌を聞いているときに、流れに沿って気持ちよく伝わっているのか、歌声の中にリズムやピッチが意識せず、心地よく感じられるかなど、評価したときの結果論です。 ビブラートをかけて歌うとは、考えないほうがいいということです。発声のトレーニン…

Q.長く伸ばすところでつっかかってしまいます。☆

A. 発声でうまく響いていない、ビブラートがかかっていないということだと思います。ただマイクを使う歌唱においては、その人の個性によって、ノンビブラートの方がよい場合もあります。根本的なところでいうと、呼吸と発声で基本ができていないということ…

Q.お腹から声を出すと、うまく声がコントロールできません。☆

A. 力で発声しようとすると大体の人がそのようになります。一時的なことであればよいと思います。もとよりお腹から声を出すということ自体が、その人にとって無理を強いているわけですから、発声のコントロールに無理がくるのは当たり前なのです。

Q.ハミングをすると声が出やすくなります。

A. ハミングは、声帯で声を出しているので既に声なのです。フィジカルと呼吸法だけでは、発声に使う声帯もまた筋肉なので弱ってしまう危険があります。そういう場合に、ハミングは、鼻濁音発声と同じように、最小の呼吸で声帯を整える役割に適しています。m…

Q.ハミングをするときに口は閉じるのですか。

A. 口を閉じるか、少し開くかも、自分が適している方でよいでしょう。 mとnで比べて、行いやすい方を、選べばいいと思います。

Q. どんな歌い手も、笑顔で発声練習をしているのですか。

A. そんなことはありません。あくまで発声練習でのバランスの問題です。笑顔で発声練習をといわれるのは、日本人くらいです。歌手でも役者でも、声を出すときに笑顔になっているわけではありません。まぁ日本人の場合、あまりに日常の会話も、表情が乏しい…

Q. 笑うようにして発声したほうがいいといわれました。

A. それは、そうでない時と比べてみて判断してみるといいと思います。口角を上げるようなことで、喉にかからない発声を覚えるための教え方によるものでしょう。

Q.発声練習しすぎると声が出にくくなることがあります。

A.声の状態は、その日によっても違うし、個人差も大きいです。そういうことを知っていくのが、レッスンやトレーニングです。柔軟体操やストレッチをすると声が出るという人もいますし、メンタルを整えるだけで声が出るという人もいます。いずれも個人差も…

Q.発声練習をしないと声は出ないのですか。

A.心身の状態がよければそれなりに声が出ます。ただ出るというのがどのくらいのことを指すかによります。

Q.気合を入れるような声は有効でしょうか。

A.一見歌う声とはかけ離れているようですが、そのことによって、大きな声出したり体を使った声を出せるというのであれば、その点では練習になるのかもしれません。普通の声ではよく出ないけど、気合を入れた声なら出るというなら身に付けてみるとよいでし…

Q.裏声で喋るようなことは慣れていった方がよいのでしょうか。

A.なんとなくやりやすいというところでできるのであれば、どんどん行えばよいでしょう。かえって喉が疲れるようであれば、違うアプローチをお勧めします。地声ばかりで歌ってた人が、裏声を学ぶことによって、より丁寧にコントロールするようなことができ…

Q.声に自信がありません。

A. 声に自信がないことにも、いろんな要素があります。声の良し悪しというのは、なかなか判断しにくいところです。確かにきれいな声は、第一印象はよいのですが、だみ声とかハスキーな声の方が、印象に残ったり、親しみを感じたりすることもあるでしょう。

Q.顔の輪郭や鼻の形、喉などは、どのぐらい声に影響与えるのでしょうか。

A.声も音を出す楽器なので、形が影響を与えるのは確かですが、こだわるのは意味がありません。第一に、いくらよくないと思っても変えることができないからです。 次に何を持ってよいか悪いかということです。ほとんどは、思い込みであることが多いです。 …

Q.ヴォイトレでの感想があれば教えてください。

A.一例です。 リラックスができる 鬱から抜け出せた 気分が爽快になる 自信がついてきた 元気になった 気持ちに張りが出てきた 心が落ち着いてくる 若く見えるようになった 体が柔軟になった やる気が出てきた 楽しみができた 表情が豊かになった むせなく…

Q.歌の上達に腹筋トレーニングは必要ないといわれました。

A. 歌そのものの上達と体の筋力とは、直接には関係しません。声を出すということであれば、腹筋だけでなく、呼吸に関する筋肉を使います。ただ、それに応じられるだけの筋肉がついていたら、それ以上にどのぐらい必要かは場合によります。

Q.正しい声というのはあるのですか。

A. 正しい顔というのと同じ位におかしなことだと思っています。 確かに、その時代もてはやされる顔はあります。美人顔などというのもその一つですが、それは、現代の人の最も平均的な顔、全てをスキャナーして合成するとそういう顔になるようです。つまり平…

Q.正しく声を出せば魅力的になるのでしょうか。

A. それは個性とは反するということです。 女優さんなどが、美しいとか綺麗とかいわれても、よく見ると、けっこうな癖があります。その癖が、ファンにはたまらない魅力となるのです。ですからすべての人に好かれるというよりは、好みがはっきりするところで…

Q.大きな声にすると、かすれた声になります。

A.そういう声などは、自分がそう思う分、自分の普通の声と異なり、無理をかけていることになります。少しずつの無理であれば、あるところまでは自分の声が対応したり、鍛えられたりすることもあります。

Q.発声は、意志によってなされるのですか。[E:#x2606]

A.痛みや恐怖で声を上げるときは、反射です。発声は心身の反応、オペラント反応とレスポンス反応です(これをレスペラント反応ともいいます)。呼吸反応や筋反応も、表情や姿勢も同じです。

Q.発声の基本は、何から始めるのですか。

A.何事であれ、やり過ぎるほどやってみて、調整するというのが、基本の力のつけ方です。 ピッチャーなら、コントロールよりも、パワフルな豪速球や遠投から入る方がよいわけです。変化球を早くから投げると、よくないのは常識となっています。 なのに、発…

Q.「発声のとき、呼吸を意識してはいけない」と言われました。

A.筋肉は、意識を向けると収縮、緊張します。支えられることは大切ですが、発声は、呼吸や筋肉に注意を留めることとは別です。 筋肉がしなやかに動き、疲れないことが大切です。

Q.発声していても、手ごたえがないのですが。

A.発声においては、拮抗、つまり、声を飛ばす反動としての体の支え、声の重さへの抵抗のようなものをもってこそ、確かな上達へのプロセスといえます。これは、姿勢での重力(体の重さ、自重です)と反動のように捉えるとよいかもしれません。砲台が軽いの…

Q. 声帯でしっかり音を出すにはどうすればいいのですか。

A.声帯がしっかり伸ばされて、息漏れのない状態で声が出ていると、ビッとした張りのある音になります。しかし、声帯でしっかり出そうとか、伸ばそうとか、息漏れをさせないようにしようと思っても、自分ではなかなかコントロールできるものではありません…

Q. 支えとイメージの関係はどのようなものですか。

A.自由に動かすには、どこかに支え、動かない点があって安定します。声をひびかすにも「声の芯」がいるとか、そのなかに「一本の線」とか「縦の線」とかをイメージさせます。それは私のとっている方法です。 「どこか一点に集中しなさい」とか「声を集めな…