発声と音声表現のQ&Aブログ

ヴォイストレーニング専門の研究所内外の質問と、トレーナーと専門家のQ&Aブログです。 あくまで回答したトレーナーの見解であり、研究所全体での統一見解ではありません。また、目的やレベル、個人差により、必ずしもあなたにあてはまるとは限りません。参考までにしてください。 カテゴリーから入ってみると便利です。 【rf :他に詳しく答えているのがあるので、それを参考にしてくださいという表記です。】 引き続き、ご質問もお待ちしています。できるだけ順次とりあげていきます。

29.ブレスヴォイストレーニングメソッド

Q.テキストの「マリア」のメニュの使い方を教えてください。

A.マリアというのは、maria、つまりハミングのm(nmu)から母音のa、rは特に正しい発音のrでなくてもよいです。r―i、iを入れてi―a、aで収めます。難しければmaiaとかma―でもかまいません。マリアという名前と関係なく、でも切って、マリア マリア マリア マ…

Q.音声と声とは同じですか。

A.音声は、声の中でも意味をもつ声というように使っています。([E:#x266F])

Q.研究所では、本に書いていることより、レッスンでトレーナーにいわれることを優先してくださいと言っています。

A.私のレッスンでも同じです。 なぜなら、本は一般的に述べたもの、しかも以前に印刷したもの、レッスンは個人別に対して、今みているのですから、「どちらが」と迷うことさえおかしいのです。もちろん本の内容に照らして、疑問があれば説明いたします。(…

Q.一流へのプロセスとは。

A.早く楽に簡単に人並みにできる、あるいは人よりも少し上達できるというのと、遅く楽でなくとも苦労しつつも、明らかに常人とは違うレベルにできるというのは、結果からみてのことですが、方向性も順番ややり方も全く違うことが少なくないのです。 目標が…

Q.発音をもう一度固めたい。

A.私のところでは、過度に発音、滑舌を重視していません。発声から考えると発音は後の位置づけです。それでも、実践的に考えるのなら、口をはっきり開けた方がビジュアルの助けも加わり、新人としては早く通用します。大学生でTVに出る女子アナなどが、…

Q.1つフレーズで、なぜ声の力がわかるのですか。

A.例えば、いくつかのフレーズを10~15秒(歌のフレーズでもよい)を2、3回見せていただければわかります。そこにどういう条件があるのかを述べますと、 1.今ここで、声で示すことに日頃の充分な準備ができていること、つまり、そういう体と感覚を獲得…

Q.ヴォイストレーナーの死角とは。

A.トレーニングというのは、もともとふしぜんに無理なことを行うことです。同じ日本人でも20年生きて、歌い手や役者に耐えうる声を育ちの中で得てきている人と、全く使わずにきて、トレーニングが必要な人がいるのです。なかには、声を出すのに、大きく出…

Q.大声トレーニングは害ですか。

A.ほとんどのトレーナーが否定するようになったのは、大声トレーニングです。特に大声で高い声を出そうとすることです。のどで無理にそういう声をつくった人のなかには、ポリープになったり、声をこわした人もいます。あとで脱力したやり方を知って、自分…

Q.一人ひとり違うのどがあるのでしょうか。

A.さらに、それぞれの育ちがあり、その上でもっともそれを活かせる使い方があるのです。次の4つを一緒くたにして考えるなというです。 1.自分ののどそのものの形態 2.自分ののどの育ち (のどのもつ条件、過去歴、鍛えられ度) 3.自分ののどの今の…

Q.ブレスヴォイスの考え方の本質とは。

A.本当はありません。発声法(方法論)の正誤でなく、目的によるトレーニングの重点の違いにすぎないのです。どんな方法でも、どう使うかが大切だということです。 私は正誤の議論をしたいのではありません。日本の、特に浅い声の歌手、役者、トレーナーに…

Q.高音へのアプローチは。

A.のどのところで出している声をのどの奥をあけて共鳴を集めるのに、鼻やほお骨、ひたい、眉間、頭のてっぺんまで、つまり上の方へ持っていくのに、いろんな共鳴の体感イメージがあります。縦の線上というイメージで考えてみましょう。(顔の表面でも、の…

Q.胸声と頭声について、どう考えられますか。

A.胸声部の方も高いのと同じで、縦の線上でイメージしていきます。のどから下の方へ胸の真ん中あたりに出口を感じます。のどが離れにくいので、頭の方へのひびきを一度取り除くのもよいでしょう。首から上では音をとらないという感じにするのです。下の1…

Q.「のどを鍛える」ということとは。

A.低いところでは、のどの開きをキープするために、軟口蓋を感じる(Ga行)を私は使っています。(共通QAの「のど声」参照)尚、声帯を鍛えるという考えの人には、アナウンサー、役者、声楽家の一部(イタリア系)で、確かな音源として、息を強い声に…

Q.ブレスヴォイストレーニングの仮説を知りたいのですが。

A.胸声に、頭声も加えて全体像としてわかりやすくしました。今のポピュラーのヴォイトレというのは、高い声で出す、そのためにのど声を回避します。のど声ゾーンを避け、のどをあけ、頭の方へひびきをもってきます。顔面や鼻筋、みけんや口の奥とかに集め…

Q.日本人の「二重性の中でのオリジナリティ」とは。

A.真似でなく、もっともその人らしい、つまりオリジナルな声にオリジナルな歌い方の上に、その人のオリジナルな世界が出てくる、それゆえ、それは誰にも完成度において真似しても追随できないというのが、理想です。欧米では、オリジナルの基礎の上に成立…

Q.ヴォイトレにおいて、声と表現、作品の優先度については、どう考えますか。

A.大きく分けてヴォイトレには、a 声だけをみる、b 表現、作品(歌やせりふ、全身)から声をみると2つあります。もちろん、一人のトレーナーに両方が含まれることもあります。私はaの立場で、声だけをみたかったのに、仕事がプロデューサ-とプロをみると…

Q.ブレスヴォイストレーニングの本質は。

A.ブレスヴォイストレーニングは、声楽でなく、基本中の基本という意味でのクラシックです。出力の仕方によって、オペラでも演歌でもポップスでも邦楽でも、役者、噺家、そして日常にも応用できる、そういう基礎的な声づくりのことです。 たとえていうと、…

Q.どんな声でも、心を込めて使えば通じますか。

A.伝わる可能性はあるでしょう。しかし、ステージでは、それをTPOに関わらず使い切れなくてはいけないのです。私が求めるのは、百発百中使い切れ、そして、百回に一回ほどは魔法か奇跡が、声によってもたらされるレベルです。(♭)

Q.基礎となる声とは、何ですか。

A.最終的には、自分の豊かなイメージにそって、丁寧に繊細に扱える声ということになります。その条件として、体でコントロールできていることになります。動かない体は、最初は邪魔しますが、やがて動くようになると、声を支えます。この辺は他の分野と全…

Q.クラシックとは、何ですか。

A.私は、オリジナルの体の使い方と考えています。声楽には、歌唱とは別に、すべての発声基礎に純化したものがあると思っています。クラシック特有の高い声や大きく太い声、ひびく声は、確かに声楽をやって初めて身につくものでしょう。しかし、残念なこと…

Q.クラシックとポップスは、歌い方が違うのですか。

A.よくある質問ですが、違うのか同じなのかというにも、そもそもどのくらいの差を「違う」とするのか、「同じ」とはどこまで等しければよいのかさえ、はっきりしないのに、言えることではありませんね。日本人は、正誤問題が好きで、白黒をつけたがります…

Q.「二つに分かれてしまう日本人の声」とは、どういうことですか。

A.海外との差がわかりやすいミュージカル俳優を見てみましょう。本来は、個人別にみていくべきものですが、大まかな分け方をしてみますと、日本の場合、どうも声楽出身者と役者出身者にくっきりと分けられてしまうということです。 前者は、声が伸びやかで…

Q.日本人でプロの声をしているのは誰ですか。☆

A.誰が思い浮ぶでしょうか。私は、一時代前の役者の声となるのです。時代劇俳優やアクションスターによい声の使い手が多かったように思います。歌手の声でも印象に残るのは、独自の音色のあった1970年代くらいまででしょうか。(♭)

Q.今の時代のお手本は誰でしょう。

A.私はお笑い芸人といわれる人を参考にさせています。確かに朗読家、声優、ナレーター、アナウンサーにもすぐれた人はいます。しかし、どちらかというと、発音、滑舌と日本語アクセント、イントネーションですぐれてはいますが、声の力そのものは、日本で…

Q.トレーニングは決まりきったやり方やメニュがあるのですか。

A.その人によってやり方も量も回数も、その日によっても違うというようなものです。方法というのは、やり方やメニュではなく、トレニングの理念といった方がよいかもしれません。レッスンでは、基準とそれを満たす材料を与えていくものです。(♭)

Q.先生の考え方や理論への批判があるのは知っていますか。

A.それは目的や表現の(価値観の)違い、求めるレベルの違いなどからきていることが多いと考えてください。トレーニングが、一日1キロ歩いたら疲れる人が、10キロ歩いても疲れなくなる方法のようなものだとしたら、どう考えてもいろいろな方法があり、…

Q.先生のは、新しいメニュ、方法なのですか。

A.私のヴォイストレーニングは、何ら新しいトレーニングの方法やメニュではありません。 すでに大きな声で長時間話していられる人の体の鍛えられよう、長い人生で積み重なったもの)を、そうでない人が短期に集中して得ていけるように、その軌跡をたどった…

Q.ブレスヴォイストレーニングは、歌唱のためのトレーニングなのか。

A.私は当初、声そのものだけを鍛えるために『ブレスヴォイストレーニング』を提唱していました。ところが、歌手なのに、あまりに音楽的感覚が不足していることから、声を損ねてしまう人をみてきました。そこで、音楽的なフレージング感覚を吸収できる方法…

Q.『ブレスヴォイストレーニング』を、自己流で2~3年くらいやったけれど効果がなく、のどを痛めたと思いますが。

A.そういう人もいますが、なぜ声のように複雑で個人差の大きな問題を、単純に効果のあるなし、正誤の二極だけで考えるのかわかりません。第一に、この方法は、私独自のものではありません。人類(あるいは外国人、もしくは日本人の声をもつ人)の言語音声…

Q.声だけのトレーニングばかりするのは、よくないのですか。

A.私は、これまで絶えず、音楽や芝居などの表現に対して、声は10分の1にすぎないのだから、常に音への感覚を磨きつつ、トレーニングしなくてはいけない旨を述べてきました。一方的に無理に押しつけて、声やのどを痛めることには、最大の警告を繰り返し発…