発声と音声表現のQ&Aブログ

ヴォイストレーニング専門の研究所内外の質問と、トレーナーと専門家のQ&Aブログです。 あくまで回答したトレーナーの見解であり、研究所全体での統一見解ではありません。また、目的やレベル、個人差により、必ずしもあなたにあてはまるとは限りません。参考までにしてください。 カテゴリーから入ってみると便利です。 【rf :他に詳しく答えているのがあるので、それを参考にしてくださいという表記です。】 引き続き、ご質問もお待ちしています。できるだけ順次とりあげていきます。

10.歌唱/ステージ

Q.歌のうまさの判断は、難しいのですか。

A. 歌については、うまいとかヘタとか、誰でもなんとなく判断できます。でも、プロの中で誰がどのぐらい、どういう理由でうまいのかとなるとわからないでしょう。 それをことばで伝わるように説明できますか。 それには、受け取る側の人々の個人差に配慮し…

Q.目をパッチリさせて歌うと伝わるといわれました。

A. イメージ面くらいのことだと考えてもいいかもしれません。確かに目をつぶったり細目で歌うよりも、ビジュアル面ではよいでしょう。これは、できるところまで行えばよいでしょう。どんどん目をパッチリさせたり、二重まぶたにしたり、隈を入れたらよいと…

Q.口を大きく開けて歌えといわれました。☆

A. 合唱団などを見るととても口を大きく開けて歌っている場合もあります。しかしよくよく見ると必ずしもそうではないでしょう。日本のゴスペルのステージを見たとき、私はエアロビクスの笑顔を思い出しました。手振りに身振りがやたらと向こうの文化なので…

Q.喉を開けて歌えといわれます。☆

A. これは喉に力が入っているとか、喉の奥の空間が狭くなっていることを意味しています。喉を詰めて歌っているぞということでしょう。喉に部分的に力を入れないというようなアドバイスだと思ってください。 実際に声を出すときには、喉頭の中の声帯はくっつ…

Q.息がノイズになります。☆

A. ノイズは悪いことだと捉えるなら、できるだけ、そうした息音が聞こえないように歌うことです。アナウンサーなどでは、マイクに対して吹くとやり直しになります。この違いは、ライブレコーディングで最も大きいです。あるいは舞台と映像での役者のセリフ…

Q.曲の最後のほうになると、崩れてしまいます。

A. いろんな原因があると考えられますが、まず集中力を保つこと。音楽が始まる前から終わった後まで、全てが演奏です。お客さんが見ていると思って、気を抜かないようにしてください。 たとえ間奏であっても、体の中に音楽が流れリズムが保たれ、表現を続け…

Q.スキャットで歌うのがとても苦手です。

A. これも、ジャズなどを聞いて、たくさんのスキャットを体に叩き込んでください。常にいろんな歌や音楽を、ハミングや、「ラララ」などで歌う癖をつけるとよいでしょう。あるいはコーラスの勉強してみてください。

Q. 表情筋を動かせといわれて、とても歌いにくいです。

A. 急に表情筋を無理に動かしたりすると、今よりも力が入って、歌いにくいでしょう。ひどいときは、響きが変わってしまい、ピッチも変化してしまう可能性もあります。日ごろから、慣らしておくことです。

Q.感情移入と表情が、歌の場合、一致しなくなってよいのですか。

A. 出しにくい音をカバーしたり、出したい音色を出すために、表情を変えるようなことは自然に行われています。歌っているときに、表情をつける、いや、伝えようと思ったら表情が変わるので、そういうことで動かしていくのです。それをテクニックとか技術と…

Q.音楽は親しんできましたが、歌は苦手です。

A.歌うことに慣れていない、呼吸が整っていないなどということもあります。どんなに音楽家として名人であっても、歌わないと歌は上達しません。

Q.思いっきり歌うと外れがちになります。

A.最大の声で歌ったり、無理な音域で歌ったり、走ったあとに、はあはあしている状態で歌ったら、音程は狂います。

Q.歌いたい気持ちを忘れてしまいます。

A.あなたは、最初にどうして歌いたいと思ったのですか。 そして、今、どう思いますか。思い出せないときは、時間を空けて、場所も変えてみましょう。リゾート地など山や川、電車の中や大きなホール、お風呂や温泉、仲間と集まったとき、何かの式典、飲んで…

Q.コール&レスポンスを学びたいです。

A.その実例をたくさん聞いてください。そして まずレスポンス側の練習を徹底しておこなうとよいでしょう。

Q.歌に縁がなかったのですが、どこから始めればよいですか。

A.童謡から始めると良いと思います。 日本の締めのリズム、三三七拍子など、自分の中に何が入っているかを徹底して分析しましょう。リズム、メロディ、歌詞、全て取り出してみてそこから始めてみてください。

Q.歌は表現活動としてするのですか。

A.声を出すことは、楽しんだり、感情を発散したりストレス解消のためにあると思えばよいです。歌うとか、それで何か働きかけようと、最初から考える必要はありません。

Q.歌が苦手です。

A.具体的には、どういうことなのかを考えてみましょう。 歌うことが苦手 声に自信がない。 発声がうまくいかない。 音がうまく取れない外れる。 リズム感が悪い。 きれいな声が出ない。

Q.声がよくなれば歌上手くなりますか。

A.声と歌というのも必ずしも連動していません。声が魅力的だという人でも、必ずしも歌がそうなっているとは限らないからです。しかし、発声などが自信がなく、うまくいってないために、歌が上手くない場合は、当然よくなるでしょう。

Q.何十回歌ってもうまく歌えないときは、どうすればよいのですか。

A.同じように歌っていても上達はしません。ピアノの練習であれば、部分的に分けます。その後に苦手なところが難しいところを集中的に練習するでしょう。 声の場合は、楽器と違う難しさがあります。 まずチェックがしにくいので、必ず録音してチェックしま…

Q.歌うのに、日本人は、外国人に比べて、何が欠けているのでしょうか。

A.外国人の作り上げていた歌の世界において、というなら、不利なのは当然でしょう。ただし、このグローバルな時代においては、そうした民族や人種の差ではなく、すべては個人差だと思った方がよいでしょう。

Q.どのぐらいの練習が、時間や量として適切なのでしょうか。

A. 声というのは、本番のマックスでも、70%くらいしか使えません。それに対する調整であれば、100%で、ステージの時間と同じくらいに行っておくとよいでしょう。 しかし、トレーニングとしての強化鍛錬ということであれば、さらに1、2割増に考えましょう。…

Q.魅力的な声とはどういう声でしょうか。

A. 私の観点からいうと、生きる力のあるものに人は惹かれます。つまり体の免疫力です。小さな声やかすれている声は、不健康や病気が疑われるようなら、よい印象を与えないでしょう。しかし、それでも、その人の、やる気や情熱が、それを上回っていたときに…

Q.ブレスの位置を工夫しなさいといわれました。

A. 本来歌う内容と音楽、自分の身体能力があれば、そういう事はあまり考えずに、伝わるように歌えばよいことです。そのようにいわれてしまうのは、第一に、呼吸の能力が足らないこと。心肺機能といえるかもしれません。そこは鍛えるしかありません。 歌詞や…

Q.マイクの使い方を教えてください。

A. マイクは割れもののようにていねいに扱ってください。できるだけスタンドに戻すこと。そうでないところに置くときには、本当に丁寧に置いてください。叩いたり拭いたりするのはよくありません。また濡らしたり、湿気を与えるのもよくありません。強く握…

Q.高音ヴォーカリストの喉は、負担がないのですか。

A.今の歌い手は、マイクなどに頼っているために、それほど声帯に負担をかけるような出し方はしません。ピッチや細かな節回しなどにも丁寧に使わないといけなくなったためです。それはよいことですが、ベースの力がついていないケースでは、不安定が目立ち…

Q.何でもできるようになれたらと思います。

A.何でもできる、は素人の中ではすごいのですが、プロの中では、多くの場合、使えないのです。プロの活動はプロ同士のコラボですから、絶対的な強みがないと成り立たないのです。一人ですべてはできません。それがわからない人は参加できません。

Q.アドリブとフェイクは、同じことですか。

A.フェイクは、ある曲の和音の上に新しいメロディを置き、装飾します。アドリブほど崩さず、下のメロディを少し加工するくらいです。かなり幅広い意味で使われています。

Q.アドリブとインプロの違いは、何ですか。

A.アドリブは演奏上の技法であって、インプロは1つの演奏形式です。つまりインプロの方が抽象的なことばで、そこで何を行うかというプレイに、アドリブを使うのです。 ジャズなどではその出来によって評価が決まるほど重要なものです。

Q.アドリブとは、即興のことですか。

A.近年、ドラマやお笑いなどで、アドリブということばが多用されてきたため、「前もって用意をせずに即座にその場のひらめきで行う」ことで使われています。これは演奏であればインプロビゼーションといいます。

Q.アドリブとは、どういう形態の演奏などでしょうか。

A.アドリブは、ラテン語のad libitumで、自由に、随時に、意のままに、ということばの省略形です。つまり即興演奏を許す表示となります。 クラッシックの場合は、メロディはそのままですが、表現を演奏者の自由に任せます。ジャズは、まさにその演奏にあた…

Q.舞台で振りだけ演じて、アテレコするのを多く目にするようになったと思います。

A.昭和の終わりの頃から始まった幼稚園の学芸会を、私は批判したことがありました。プロの歌と伴奏をCDやカセットの再生で代用して振りだけつけるという、実に合理的なやり方です。しかし、目で見た形を優先することに対して、一人ひとりの声の個性とライ…