発声と音声表現のQ&Aブログ

ヴォイストレーニング専門の研究所内外の質問と、トレーナーと専門家のQ&Aブログです。 あくまで回答したトレーナーの見解であり、研究所全体での統一見解ではありません。また、目的やレベル、個人差により、必ずしもあなたにあてはまるとは限りません。参考までにしてください。 カテゴリーから入ってみると便利です。 【rf :他に詳しく答えているのがあるので、それを参考にしてくださいという表記です。】 引き続き、ご質問もお待ちしています。できるだけ順次とりあげていきます。

02.呼吸

Q.自分で勉強すると、発声だけでなく、呼吸法も間違って覚えてしまうということがあるのでしょうか。☆

A.何を間違いというのかが、とても難しい分野です。呼吸を間違えることは、人間の場合、死んでしまうわけですからありえません。また、歌とかせりふだからといって、すごく特別なやり方をするわけではありません。むしろ、私たちの普段の日常生活以上に使う…

Q.発声とか呼吸法の間違いというのは、どういうことを意味するのでしょうか。

A.それを判断する人の理想に反しているということだと思います。この場合、足らないということがほとんどであって、間違いとは言えないと思います。 ただ発声の場合ですと、どう考えても歌うのに、不利な方向に、声を出していることがあります。本人がその方…

Q.肺はどのように横隔膜を押し下げるのでしょうか。

A.肺に空気が入ってくると、横隔膜が下がるのは確かですが、肺自体が動いて横隔膜が下がるというよりは、横隔膜が下がることによって、肺に空気が入ってくると理解してください。もちろん、横隔膜をほとんど使わないで、肺に空気を入れることもできるます。…

Q.横隔膜をどのように上げて呼吸をコントロールするのでしょう。☆

A. 横隔膜は、吸気の時に働く筋肉ですから、これをゆっくりとコントロールすることで、声を出したり歌ったりするというよりは、自然と上がっていく、戻っていくわけです。それにあまり影響されないように呼吸をコントロールすると思ってください。お腹の支…

Q.歌うときの呼吸が間に合わないのですが、とろいのでしょうか。☆

A.それは、身体から歌っていない、身体からの呼吸がきちんと歌に結びついていないからと思われます。だからといって、早く吸うような練習をするのではなく、ゆっくりと吐くような練習、それで瞬時に息が入ってくる、吸うのではなく、入ってくるという感覚を…

Q.呼吸のためにドッグブレスを指導されましたが、効果があまり出ません。

A.基礎トレーニングというのは、効果が出るまで時間がかかるものです。それと、発声に効果があるということであれば、それを声にすることを結びつけておかなくてはなりません。ロングトーンやレガートの練習を、とてもゆっくりと繰り返すことをおすすめしま…

Q.たくさんの息の吸える身体を作ろうと思いますが、どうでしょうか。☆

A.呼吸が浅いとか、呼吸のコントロールができていない、長く呼吸を保てないということが、根本的な問題の人がほとんどだと思います。ただし、息を吸いすぎるとかえってコントロールができなくなります。思いっきり吐いて、瞬時に入ってくるようなことで感覚…

Q.日本人は、あまり腹式呼吸ができないので、歌などでも向いていないのですか。

A.一般の日本人の場合と歌い手というのは、わけて考えなければいけないと思います。日本の邦楽の歌い手や、民謡、あるいは昔からの伝統芸能などをやっている人が、腹式呼吸ができていないということはありません。一般の人でも、大きな声を使ったりカラオケ…

Q.歌のレッスンに行くと、必ず呼吸法から指導されるのは、なぜでしょう。

A.歌は普段の声に比べて、長くしたり大きくしたり、変化させたり、かなり呼吸のエネルギーを使います。それに足りていないということです。

Q.日本人は、日常的に胸式呼吸でしゃべっているのでしょうか。

A.そういうことではありませんが、しっかりと腹式を使ってしゃべっているような人に比べて、その傾向が強いということです。胸式呼吸と腹式呼吸が完全にわけられないことは、これまでも述べていますので、参考にしてください。外国人や男性に比べ、特に日本…

Q.口呼吸の方が、鼻の穴よりも大きいので、たくさんの酸素が取り込めるのではないでしょうか。☆

A.健康上、非常時以外での口呼吸は望ましくありません。鼻の副鼻腔で一酸化窒素が作られており、これが酸素と一緒に肺に運ばれていきます。そして肺で、血液が酸素を取り込む量が増える役割を果たすのです。一酸化窒素が血液循環や免疫に大きく関わっている…

Q.ゆっくり呼吸をすると落ち着くのはなぜでしょう。☆

A.ゆっくり深く呼吸することで横隔膜が上下に大きく動きます。そのことで副交感神経の働きが高まるのです。それは自律神経のバランスを整えることになります。また、肺の胸腔には、圧受容体があり、息を吐く時間が長いほど、ここに圧力がかかり、静脈の血流…

Q.呼吸では、肺が膨らんだり収縮しているのですか。

A.肺そのものは動けません。胸郭にくっついているいろんな筋肉や横隔膜などまわりが動いて、胸郭が広がったり縮んだりして、肺の大きさを変えているのです。

Q.呼吸のためには、どういう筋肉が使われますか。

A.肋間筋、斜角筋、前鋸筋、脊柱起立筋、横隔膜など、呼吸筋と総称されているものです。これらは、ゆっくりと深い呼吸をするときによく使われます。呼吸が浅いと衰えてしまいます。

Q.呼吸のトレーニングは、呼吸を多くするためにするのでしょうか。

A.いえ、むしろゆっくりと深い呼吸ができるようにするものです。それによって血中の酸素濃度を高めます。呼吸1回の換気量を増やすことが目的です。回数は減ります。その方が望ましいのです。

Q. 吐くときには、口をすぼめるとよいといわれました。☆

A. 空気が抜けすぎないように、体内の圧力を維持できるからでしょう。 体をダランと前に倒してから、空気を吸うと、体内の圧力が高まるので、自然と上半身が起き上がってきます。風船が膨らむのと同じです。その逆を吐くことで行うと、上体が倒れていきます…

Q.なぜ、鼻から吸って口から吐くのですか。☆

A. 心身の健康のためです。口から吸うと、なんとなく気が急くように思いませんか、慌ただしくなります。驚いたときには、口から息を吸っています。それは、緊張したときの体の状態であって、動物的には、それも必要なのです。歌唱やセリフでは、ケースによ…

Q.鼻からいつも吸わなくてはならないのでしょうか。

A. トレーニングでそのようになっているのは、トレーニングだからです。日常的な状態でも、危機的な状態などであれば、当然、口からも補助的に吸った方がよいわけです。

Q.どんなことにおいても、呼吸の重要性が説かれることが多くなりましたが、呼吸は万能なのでしょうか。☆

A. 呼吸というのは、体の中で、ある程度意識的にコントロールできるし、反面、意識しなくても自然と行われています。その両面があるからです。つまり、頭の方でも、体の方でも対応できるということでは、それをうまく使うと、いつでも大きく状況を変えられ…

Q.呼吸に関しては、鍛えた方がよいと思うのですが、どうでしょう。

A.確かに、呼吸においては、吹奏楽と同じで、声や歌のエネルギー源となります。ですから、普通の人以上の、喉力や息のコントロール力があるに越したことはありません。 もちろんせりふや、歌の方から学ぶこともできますが、足らないと思えば、特別にそれをト…

Q.呼吸法が悪いときの症状とは何でしょうか。

A.いろいろとありますが、呼吸ですから、そのまま息が続かないことを、ロングトーン、長く伸ばせないこと、もちろん、大きな声が出せないこと、大きくしたり、小さくしたり、メリハリが付けられないこと、喉が痛くなったり、ビリビリしたりすることなどもあ…

Q.呼吸法ができてきたら、発声が正しくできるのでしょうか。☆

A.発声は、呼吸に基づいています。しかし、呼吸そのものではなく、それを最大効率よく、声にしていることが条件となります。そうでなければ、呼吸のコントロールなどができているアスリートであれば、すべて、発声や歌がすぐにマスターできるということにな…

Q.呼吸は、スポーツにおけるストレッチのようなものだといわれました。

A.多分、発声での基本的なトレーニングであり、そのことを続けることによって、呼吸に関する筋肉が整えられるというような意味だと思われます。もちろん、単に息を長くのばしたり、たくさん吐けたら、それでいいということではありません。そういったことも…

Q.楽器でも呼吸のトレーニングによいのでしょうか。

A. 歌唱と似ているのは、管楽器です。金管楽器でも木管楽器でも構いません。息を吐くことによって音を出します。そのときに抵抗があるので、呼吸のトレーニングにもなります。

Q.深呼吸をすると余計にドキドキし、吸えなくなります。

A.緊張をほぐすための深呼吸は、ゆっくりと息を吐くことで、吸うことではありません。長く息を吐くことで、副交感神経が優位になり、心身がリラックス状態になるのです。深呼吸は吐くことから始めてみて下さい。

Q.妊婦が肩で息をするのはなぜですか。☆

A. 胎児が腹腔を占領して、横隔膜が押しあげられます。それによって呼吸運動が妨げられるために、胸鎖乳突筋などの動きで、鎖骨や肩甲骨を上下させて、胸式呼吸となるのです。

Q.耳や首の動きと、腹式呼吸が関係するというのはどういうことでしょう。☆

A. 内肋間筋、外肋間筋は胸髄から分枝した胸神経(肋間神経)に支配されます。肋間筋よりも下のほうにある横隔膜は、胸髄よりも上にある頸髄から出る横隔神経によって支配されています。横隔膜の筋肉は頸部から発生しているので、神経も頸椎支配です。

Q.1フレーズを歌い終わっても、お腹がへこんでおかしいのでしょうか。

A.息がなくなったらお腹がへこむのは当たり前です。横隔膜の動きは、しぜんであるべきであって、あまり無理に、固定しようと思っては、かえってうまくいかなくなります。

Q.お腹から息を吐くという感覚がわかりません。☆

A. 息の吐き方を、ハァーという息と、スーという息と2つ比べてみましょう。ハァーの場合は、すぐに息が続かなくなりますね。口の中の温かい息が感じられると思います。それに対してスーの場合は、冷たい息ですが、細く長く続くと思います。この方が、お腹と…

Q.ドッグブレスは、短く歌うとき、スタッカートなどのときのためのトレーニングですか。☆

A. そのまま使うと、そのようになるのかもしれませんが、どちらかというと、腹式呼吸や、呼吸に関する筋肉を鍛え、瞬時に吸い、長く均等に息を出して声をのばしたりするのに役立たせるためのものです。総合的な呼吸と発声のトレーニングと思っておけばよい…