発声と音声表現のQ&Aブログ

ヴォイストレーニング専門の研究所内外の質問と、トレーナーと専門家のQ&Aブログです。 あくまで回答したトレーナーの見解であり、研究所全体での統一見解ではありません。また、目的やレベル、個人差により、必ずしもあなたにあてはまるとは限りません。参考までにしてください。 カテゴリーから入ってみると便利です。 【rf :他に詳しく答えているのがあるので、それを参考にしてくださいという表記です。】 引き続き、ご質問もお待ちしています。できるだけ順次とりあげていきます。

02.呼吸

Q.息をするときに肩が上がるのは絶対にダメなのでしょうか。

A. 第一に見た目がよくありません。絶対にダメということはなく、肩が上がるのは急に吸気をしなければいけない必要性があるからでしょう。走った後などは、肩も使い、急に吸気をしているわけです。ただ日頃、息が浅い人は、すぐにそういう感じになります。…

Q.浅い呼吸はなぜよくないのですか。

A. 浅い呼吸は、吐く息の量が少ないので、体の中に残る量が多くなります。それは二酸化炭素を含めた不要物ですから、本来は外に出さなければいけないのです。 声に力が出ませんし、健康上もよくないのです。

Q.腹式呼吸がよいといわれるのがわかりません。☆

A. 呼吸の問題は、胸式呼吸と腹式呼吸に分けて教えられることが多いのですが、腹式呼吸を理解し、練習をしてきたという人でも、それは程度の問題であって、ほとんどの人がうまく扱えてないのが現状です。 それでも、大して呼吸を使わない歌の場合なら対処で…

Q.胸式呼吸がダメといわれるのはなぜですか。☆

A. 胸式呼吸自体はどんな呼吸の時も働きます。それは、身体全部を使って呼吸をしていない、腹式呼吸というのですが、その時に、胸や肩などが上下したりする、となると、喉頭の位置の安定に影響してしまうからです。 つまり、喉頭を下げて歌うという声楽の教…

Q.胸式呼吸は役者にもよくないのですか。

A. 過度な胸式に頼る呼吸は、非常時のものであって、走ってきて慌ててセリフをいうならよいのですが、それは、歌にはよくありません。このケースでよいというのは、演技、しぐさ上の事であって、発声にはよくないのです。しかし発声によくないことが、現実…

Q.横隔膜呼吸をしなさいと、体の外側からお腹の横隔膜を触らせられます。☆

A. 最近、腹式呼吸のことを横隔膜呼吸と呼ぶ人もいます。腹式というイメージが、誤解されることを恐れてだと思いますが、かえってややこしくなっている場合もあります。体の外から横隔膜は触れられません。膜といいますが、これは筋肉です。へそまわりあた…

Q.お腹を引っ込めて、声を出すのですか。☆

A. 声を出すときにお腹が引っ込むのは、必ずしもダメとはいえません。ただお腹を引っ込めて、その勢いで声を出そうとすると、呼気が無理に出て、声も無理に出ます。ゆっくりした動きで呼吸法を学ぶのはよいのですが、声を出すときは、お腹よりは呼気の流れ…

Q.声を出す時はお腹の状態は全く変わらないように維持するのですか。☆

A. 発声時、お腹が維持される、引っ込む、やや膨らむ、この点について、さまざまな指導とその違いがあります。 ジャンルや目的にもよりますが、指導法として、いろいろと違う教え方があると考えた方がよいでしょう。トレーニングにおいては習得を目的としま…

Q.お腹に空気を入れろといわれます。

A. それは身体全体を使って呼吸をしていないからと捉えてください。胸式呼吸といわれます。お腹に空気は入らず、肺に入った空気が、充分に入ると横隔膜を下げ、内臓が押されて、おなかまわりがふくらみます。空気がそこに入っているわけではありません。イ…

Q.歌うときには、腰は張るのでしょうか。

A.これも張るというのはどのぐらいの程度かということです。ただし質問に出てきたのは、声楽でよくいわれるように、呼吸を維持した状態のお腹を維持して歌うことに対する疑問だと思います。結果的には、歌いやすいように使って、腰やお腹を意識するな、む…

Q. 腹式呼吸の練習を否定されたのですが、不要ですか。

A.これも腹筋と同じで、否定されるということは、それをやることによって、表面的によくない癖や偏りが目立って出ているということでしょう。それに出た直後にある、トレーニングの直後に行う、だいたい実践はうまくいきません。トレーニングのために筋肉…

Q. 呼吸と代謝との関係は、どのようになっていますか。

A.呼吸の主な役割は、細胞呼吸(内呼吸)です。この機能がアップすればおのずと代謝が上がり、脂肪分解を促します。逆に言えば、呼吸がよくないと脂肪が燃えにくくなり太るということです。

Q.肩で息するとはどういうことですか。

A.猫背では、胸郭が圧迫されるので、肩で息するような状態になります。それが、その姿勢では、呼吸がしやすいからです。走り終えてハァハァしている状態もそうです。肩が落ち、背が丸まっています。このときは、急に酸素を必要とするからです。

Q.腹式呼吸がわかりやすい姿勢はありますか。

A.仰向けに寝転んだときです。背中が床に接触していて固定されるためです。

Q.呼吸はどのぐらいの量を扱っているのでしょうか。

A. 1回の呼吸での換気量は、500ミリリットルくらいです。もちろん、姿勢や運動によっては大きく異なります。1日では、1万リットル以上の呼吸となります。左右2つ合わせて肺は2リッターくらいの大きさです。しかし、肺胞の表面積は、3 LDKくらいあるのです。

Q. 呼吸が浅くなるとは科学的にはどういうことですか。

A.たくさん呼吸をすると、1回あたりの呼吸量が少なくなります。これを呼吸が浅くなるといいます。口呼吸は、鼻呼吸より浅い呼吸になりやすいです。

Q.呼吸の長さや回数について、どのようにしていけばよいのでしょうか。

A.トレーニングにおいては、個人差があるので、目的に合わせてうまくセッティングしなくてはなりません。あまり、マニュアル等に沿ってやりすぎると、うまくいかないときもあります。 急がず、自分に心地よい状態から始めてください。苦しくなったり我慢し…

Q.なぜそんなに呼吸法が大事なのでしょうか。

A.呼吸の仕方を変えると、身体だけでなく脳や精神までコントロールできます。なぜなら、365日休みなく行っているからです。1分に15回ぐらいの呼吸をしています。何日か食べなくても生きていられますが、呼吸は、数分遮断されただけで、死んでしまいます。

Q.なぜ呼吸をするとリラックスできるのでしょうか。

A.横隔膜のあたりには自律神経が集まっていて、横隔膜が動くことによって、それに刺激が与えられ、副交感神経が優位になるわけです。ですから深い呼吸が必要です。

Q.どの温泉に入れば、呼吸によいのでしょう。

A.温泉なども、その成分を気にするよりは、温熱効果によるところが大きいのです。さらに浮力効果、水圧効果など物理的な作用が、体によい影響与えます。ですから首までつかってみましょう。

Q.ピラティスでは、なぜ胸式呼吸を教えるのですか。

A. ピラティスは、もともとリハビリから生まれたので、交感神経を刺激し筋肉を鍛えやすくします。意識的に胸式呼吸を行おうと胸を膨らませます。すると交感神経を刺激しながら、結果としてインナーマッスルにアプローチできるのです。強いだけでなくしなや…

Q.健康法で腹式呼吸のトレーニングが使われるのはなぜでしょう。

A.横隔膜を大きく上下するので、内臓がマッサージされ、内臓機能が活性化し、血流はアップし、腰痛や肩こりなどの解消になります。

Q.呼吸で二酸化炭素は不要なのですか。

A.手術の麻酔のときには、一定量の二酸化炭素を入れます。酸素を取り込むのに、一定量の二酸化炭素が不可欠なのです。その二酸化炭素が体内から足りなくなりすぎることがあります。それが過呼吸です。

Q.吸気と呼気に関しての酸素と二酸化炭素の割合を知りたいです。

A.空気中の二酸化炭素濃度は、0.04%ですが、呼気中には、5%、つまり空気中の125倍あるわけです。 吸気には、酸素21%、一酸化炭素は0.04% 呼気には、参照16%、二酸化炭素5% どちらにも、窒素は78%です。

Q.1分間で何回の呼吸をすればよいのですか。

A.一般的には、1分間18回から20回くらいです。つまり、結構早くて浅い呼吸です。それを1分間25回より少なくするようにしましょう。1回に4秒くらいかけるのです。少し練習すればすぐになります。

Q.呼吸を口でしては良くないのでしょうか。

A. 呼吸は、原則として吐くのも吸うのも、鼻でします。口は食べたりしゃべったりするところです。唇の厚さの違いや歯並びの悪さなどで口呼吸になることもあります。片噛み、横向き寝、うつぶせ寝なども原因です。

Q.なぜ腹式の呼吸法というような指導があるのでしょう。

A.いつも比べられるのは、胸式呼吸です。これは胸郭を使った呼吸で、腹式呼吸に直すように指導されるわけです。

Q.女性は腹式呼吸が苦手なのですか。

A.女性は、胸式呼吸なので、腹式呼吸にするのは大変だと思われています。妊娠をしたときお腹に赤ちゃんがいると、腹式呼吸ができないようなイメージがあります。こうした考えは、かなり大雑把な捉え方ですが、大きな声でたくさんしゃべらないと、あまりお…

Q.腹式呼吸とリンパとはどう関係するのでしょうか。

A.横隔膜の近くに、全身の8割のリンパ液が通る、乳ビ槽というところがあります。老廃物の溜まるところです。これも大きく動かすことによって、リンパをうまく流すことができます。リンパ液の中にいろんな物質も含まれています。ちなみにリンパ液は、1分間…

Q.お風呂の中で呼吸法をしてもよろしいですか。

A.入浴では、疲れた体がリラックスして、交感神経が抑えられ、自律神経のバランスが整います。毛細血管への血流が増えて、深部体温が下がりやすくなり、内呼吸の効果が上がります。眠りの質も高まるでしょう。38度くらいがお勧めです。そこでゆっくりと腹…