発声と音声表現のQ&Aブログ

ヴォイストレーニング専門の研究所内外の質問と、トレーナーと専門家のQ&Aブログです。 あくまで回答したトレーナーの見解であり、研究所全体での統一見解ではありません。また、目的やレベル、個人差により、必ずしもあなたにあてはまるとは限りません。参考までにしてください。 カテゴリーから入ってみると便利です。 【rf :他に詳しく答えているのがあるので、それを参考にしてくださいという表記です。】 引き続き、ご質問もお待ちしています。できるだけ順次とりあげていきます。

00.同問異答(20人のヴォイストレーナーと専門家の回答)

Q.「フレージング」って何ですか。

A.「フレージング」とは、曲を演奏する上で、楽譜に書かれている音符と休符の羅列を、どのようなまとまりにして演奏するか、つまり「フレーズ」をどのようにするか、模索し決めることです。「フレーズ」は、なんとなく知っている人も多いと思いますが、音符…

Q.歌での、リズムと呼吸の合せ方がうまくいかないのですが。

A.歌のリズムと呼吸が合わない、ということは、まず、体がその歌を、感じていないということです。テンポの遅い歌もあれば速い歌もあります。起伏の小さい歌もあれば、起伏の激しい歌もあります。その歌の感じを、体で捉えていれば、声も呼吸も、その歌のリ…

Q.演歌とロックのビブラートは違うように感じます。ビブラートというのは何ですか。

A. ビブラートというのは、声の揺れですが、よい発声・無理のない発声をしていると、発現するのが、自然で美しいビブラートです。 それとは違い、意図的に音を揺らすのが、弦楽器などのビブラートです。声も同じように、意図的に揺らして、美しさや感情をつ…

Q.胸の真ん中とか軟口蓋を意識して響かせるのか、それとも眉間に響かせて意識して歌うのがよいのかを知りたい。

A. 結論からいうと、どちらも大きく間違ってはいません。低音寄りの、深く大きな声が好きで、そのような声を出せるようになりたい人は、胸も軟口蓋も意識して声を出していると、少しずつ太く立派な声になっていきます。 ただ、ずっとそれだけをトレーニング…

Q.高音域も低音域も響きません。共鳴を増したいのですが。

A. 共鳴を増やすには、ハミングの練習が、もっとも簡単で、効果の高い方法でしょう。ハミングは、ご存知のとおり、口を閉じて声を出しますが、このときに、声をなるべく前に出すようにします。口の中や、鼻の中に響かせてはいけません。そうしてしまうと、…

Q.私は、声を張りあげて歌えません。そもそも歌に声量は必要なのでしょうか。

A. 最近は、ウィスパーヴォイスや、ほとんど小声で息も使わずに、語りかけるような歌も氾濫していて、マイクや音声加工に重きを置いている分野が、どんどん広がっているようです。そのような曲を、好んで視聴していると、そのような声の使い方が、身につい…

Q.声がうすっぺらく、歌が情熱的に伝わりません。うすっぺらい声は直りますか。どのくらいの声量で歌えばよいのでしょう。

A. うすっぺらい声は、あまり声帯に負担をかけず、楽に声を使っていると、どんどん喉が弱くなり、強い声が出せなくなってしまった結果だと、思われます。昔から、「喉に力を入れないように」と、よくいわれます。実際に私も、高校の合唱部に何の因果か入部…

Q.私は音域が狭く、もっと広い音域の歌を歌いたいのですが、どうすればよいでしょうか。

A. 多くの歌は、1オクターブ半以内なので、キーにこだわらなければ、大丈夫なのではと思いますが、まれに声域が1オクターブ足らずの人も見受けられます。そのような人は、なかなかよい声を出します。アマチュアコーラスを楽しむ人にも、よく見受けられます…

Q.高音になると、バンドの音で消されて、観客に伝わりません。高い声はいろいろ出るのですが、どう出したのがよいのですか。

A. 高音だから消されるのか、バンドの音が大きいから消されるのか、どちらなのでしょうか。バンドの音量には関係なく、高音だけ消されるなら、消されない中低音域の声のような響きで、高音を出せばよいということです。ここで間違えてはいけないのは、中低…

Q.自分の声を聞いて、矯正するにはどうするのですか。

A.まず、お手本となる声を、繰り返しよく聞いて、憶えることです。お手本がなければ、修正していくことができないからです。お手本は、ご自分が目指すジャンルの、目標としたい声でよいでしょう。日常的に何度も聞いて、その声のすべてを憶えるつもりで取り…

Q.日本語で歌うのが苦手です。よい勉強法はありませんか。

A. 日本語で歌うのが苦手で、日本語以外なら平気ということならば、問題の解決は、それほど難しくはありません。まず、日本語の歌詞を、日常生活で使っている日本語として捉えてしまうところから、その弊害が始まります。意味のよくわからない呪文だと思い…

Q.歌っているときに、ことばが聞こえにくくなります。どうしたら直りますか。速いテンポに、口がまわらなかったり、言い間違ったりします。

A.まず、声が前に出ていないと、ことばはわかりにくくなります。深い声、充実した声、立派な声、大きな声を目指していると、その成果に気を取られて、いつの間にか、深く大きな立派な声なのに、ことばはよくわからないということが起こります。 オペラなど…

Q.オンライン(Zoom)レッスンと直接レッスンを受けることでの違いを知りたいです。( オンラインレッスンで、気をつけた方がよいこと、やりにくいことやオンラインレッスンを活かす上でのアドバイスなどをください。)

A. 同時に音を出せないことで、対面レッスンよりも時間がかかるようなときもあります。また、声の大きさの判断、声質の微妙な判断は、出した声がカットされるときがあります。大きな声は、ノイズ音になることが多く、小さな声は、音量拡大されて聞こえます…

Q. 声をどのようによくしていけばよいですか。自分の声がよくわかりません。よい声と悪い声とはどう違うのですか。声のタイプには、どのようなものがありますか。

A. まず、声を出すのに必要な体の部分を、整えていきます。整えるというのは、弱ければ強化し、硬ければほぐし、動きが悪ければ、動きやすくしていくということです。具体的には、呼吸に関係する肩・胸・お腹周りの筋肉の、ほどよい強化とストレッチ。また…

Q. 自分の声が変で嫌いなのですが、自分の声を知るにはどうすればよいのですか。

A. 自分が聞き慣れている自分の声は、実際にまわりの人が聞いている自分の声とは違い、自分の身体の中を伝わって自分の耳に届く声もプラスされています。録音機器などで自分の声を聞くと、その部分が欠落しているので、違和感をおぼえます。他人の声を録音…

Q. よい声とはどんな声をめざすのでしょうか。声に問われることは何ですか。

A.「よい声」には、二段階、または二種類あると考えています。まず、健康的に、「よい声」。もう一つは、歌声、話し声としての、「よい声」です。 健康的な「よい声」は、声帯や喉回り、呼吸器とその回りの筋肉群に、異常や萎縮がなく、楽に、大きな声も小…

Q. 腹式呼吸を強化するために、腹筋運動をするのがよいのでしょうか。

A.高校時代、ふとした間違いから男声合唱部に入った私は、毎日100回、腹筋運動を、先輩たちからノルマとして課されました。高校一年生だったおかげか、中学では文化部に所属していたにもかかわらず、あっという間にクリアできるようになったのを憶えていま…

Q.肩が動くのは、よくないのですか。直す方法はありますか。

A.肩が動くということは、つい肩で息を吸っているということが考えられます。歌などで、呼吸としてメインで使うのは、腹式呼吸ですが、どうしても息が足りなくなったときなどは、動いても仕方がありません。ただ、常に肩が動いてしまうのは、おすすめでき…

Q. 横隔膜の緊張(アッポッジョ)と、下腹の動きでの支え(ソステーショ)の連動について。

Q. 横隔膜の緊張(アッポッジョ)と、下腹の動きでの支え(ソステーショ)の連動について。下腹を絞るような「支え」と、横隔膜を緊張するような「支え」を、同時に意識することは難しく、意識を向けるなら、どちらか一つになります。下腹のほうを重視すれ…

Q.コンコーネ50の10番の歌い方について教えてください。

A.10個のフレーズからできている曲です。始めの6個は2小節単位、残る4個は4小節単位ですが、最後だけロングトーンになっているので、余分に2小節ついています。 始めから8フレーズは、1拍目から始まり、残りの2フレーズは、3拍目から始まります。曲として…

Q.コンコーネ50の9番の歌い方について教えてください。

A.コンコーネは練習曲なので、歌いやすさ、親しみやすさとは、真逆のメロディー・フレーズになっていることが少なくありません。これは3拍子のゆったりと歌う曲です。 全部で32小節ですが、24小節で休符にフェルマータが付き、一区切りした後に8小節が続い…

Q.コンコーネ50の8番の歌い方について教えてください。

A.Andante sostenutoですから、ゆったりと、速くならないようにしなければなりません。そうしないと、この曲の課題は、とても難しくなるので、注意しましょう。 スラーが細かく付けわけられています。まったく同じメロディでも、スラーを付ける部分が変え…

Q.コンコーネ50の7番の歌い方について教えてください。

A.曲の冒頭に、Moderato cantabile(中庸の速さで歌うように美しく)と記されていますが、現代の私たちの感覚では、少し違和感を覚える部分が、何カ所も出てきます。その部分を、美しく歌えるように練習することが、この曲の狙いです。 最初の二小節は、二分…

Q. コンコーネ50の6番の歌い方について教えてください。

A.冒頭にAndante sostenutoと指示があるように、ゆっくり目に歌う練習曲です。1小節が狭く窮屈に書かれていますが、見た目に惑わされて、速くならないように、気をつけましょう。最初の4小節で、1オクターブ上行するので、チェンジをどうするかが、声種によ…

Q. コンコーネ50の5番の歌い方について教えてください。

A. 最初の2小節単位の2つのフレーズは、スラーに従ってレガートで歌いましょう。冒頭のpを気にし過ぎて、萎縮せずに、ていねいに歌い、どちらのフレーズも、最後の音に重心を置いて、<>を軽くつけましょう。高音域が得意な人は、始まりのフレーズの終わり…

Q. コンコーネ50の4番の歌い方について教えてください。

A. 1~3番に比べると、少し長めのフレーズになっています。支えがうまくできないと、歌い難いかもしれません。最初の4小節は、スラーが付いているので、レガートで歌い、最後は4分音符なので、伸ばし過ぎないように気をつけましょう。次の4小節は、2小節ご…

Q. コンコーネ50の3番の歌い方について教えてください。

A.1番と2番は、ともにModeratoですが、3番はAndante conmotoです。テンポは遅くなりますが、ダラダラしないで活き活きと歌いましょう。1番は24小節、2番は28小節ですが、3番は41小節といきなり1.5倍近く長くなっています。テンポが遅くなったことを加味する…

Q. コンコーネ50の2番の歌い方について教えてください。

A. テンポは、1番と同じModeratoですが、1番では最低音から最高音まで、順次進行(全ての音を歌って)です。4小節で昇りつめたのとは正反対に、4小節で、中間の主音から第三音までしか上がらず、歌う音符としては(記譜としては6個ですが)4個しかありませ…

Q. コンコーネ50の1番の歌い方について教えてください。

A.ロングトーンなどで、声をコントロールできるようになってからでないと、本当の意味で上手く歌うのはとても難しい曲です。 まず、最初の2小節と次の2小節がきちんとレガートで歌え、強弱記号にしたがって出せるようにすることは、難題です。最初の2小節と…

Q. 声質が暗くこもっているため、フラットし、響きが悪いのです。

A. 声質が暗くこもっている場合、こもっていることは改善しなければいけませんが、暗いことは、一概に否定する必要はありません。暗く落ち着いた声が、好まれることも、少なくないからです。ただ、明るい声が好きならば、そちらを目指してトレーニングしま…