発声と音声表現のQ&Aブログ

ヴォイストレーニング専門の研究所内外の質問と、トレーナーと専門家のQ&Aブログです。 あくまで回答したトレーナーの見解であり、研究所全体での統一見解ではありません。また、目的やレベル、個人差により、必ずしもあなたにあてはまるとは限りません。参考までにしてください。 カテゴリーから入ってみると便利です。 【rf :他に詳しく答えているのがあるので、それを参考にしてくださいという表記です。】 引き続き、ご質問もお待ちしています。できるだけ順次とりあげていきます。

00.同問異答(20人のヴォイストレーナーと専門家の回答)

Q.ハスキーな声にあこがれ、喉をつぶしたような声にしています。大丈夫でしょうか。

A. 悪い状態で声を出しすぎると、喉に炎症をおこしたりポリープができたりしやすくなります。この場合は、声(声帯)を休めて、治るのを待たねばなりません。そのまま歌い続けると、さらに悪化してしまう場合もあるので注意してください。声がかすれるとい…

Q. 私の声はよく聞き返されます。なぜうまく伝わらないのでしょうか。

A. 「人前で話すと、声が届かない」とか、「電話で何度も聞き返される」といった相談を受けることがあります。そういう人は、総じて声にも顔にも覇気がありません。健康状態は、すぐに声に出るものです。身体が弱くなると、息がしっかり吐けなくなります。…

Q.録音すると変な声になるのは、どうしてなのでしょうか。

A. 自分の声は、空気中に出されて自分の耳の鼓膜を通して聞いている声と、自分の身体を通じて内耳から入る声と、二つ同時に聞いています。しかし、他人が聞いている自分の声は、空気中を伝わった声だけです。つまり、自分で聞いている自分の声と第三者が聞…

Q.アスリートのように身体を鍛えることは、歌に有利でしょうか。

A. 声を出すことや歌うことも身体を使うことなので共通する点はあります。体力や集中力、柔軟な身体をもち、勝負強く、あがらない、リラックスができる、リズム感がよい、基本の繰り返しの大切さを知っている、状況に応じた瞬間的な判断ができる、などです…

Q. 私は身体が小さくて、肺活量もあまりありませんが、増やせますか。声や歌に肺活量は、関係あるのでしょうか。

A. 肺活量には個人差がありますが、決定的な要因ではないので、気にする必要はありません。肺活量が大きいにこしたことはありませんが、ないよりはあった方がよいといえるくらいです。肺活量が大きい方が有利な点はあっても、そうでないのに活躍しているヴ…

Q.私は身体が小さくて、肺活量もあまりありませんが、増やせますか。声や歌に肺活量は、関係あるのでしょうか。

A. 肺活量には個人差がありますが、決定的な要因ではないので、気にする必要はありません。肺活量が大きいにこしたことはありませんが、ないよりはあった方がよいといえるくらいです。肺活量が大きい方が有利な点はあっても、そうでないのに活躍しているヴ…

Q.長く伸ばしたいのに、息や歌が続かないのはどうしたらよいでしょうか。吸う量や吐く量が足らないのですか。

A. 重要なのは、息を吸う量や吐く量ではありません。腹式呼吸と発声に加えて、声たて(いかに効率よく息を声として使うか)の問題です。声を出す原動力は呼気なので、声をコントロールするためには、深い呼吸をマスターしておく必要があります。 たっぷりと…

Q.うまく声が出ないときは、柔軟体操をしたほうがよいでしょうか。リラックスが必要なのは、なぜですか。

A. 発声というのは、身体全体で行う運動と捉えましょう。歌は、音楽のなかでも、スポーツや舞踊といった肉体をつかう芸術と類似しています。そこで身体をつかう分野での考え方がうまくあてはまることが多いのです。 過度に緊張したり、ストレスをためたりす…

Q.身体に力が入り、痛くなります。どうすれば脱力できるのでしょうか。

A.歌ったり、声を出したりしていると、めまいや頭痛がしたり、お腹や腰が痛くなることもあります。無駄な力が入りすぎたり、その状態を続けすぎていることが要因です。 それによって、姿勢が悪くなったり、集中力が落ちたりするのは、よくありません。これ…

Q.喉がすぐに疲れます。どのくらい声は出してよいのでしょうか。

A. 今まであまり声を出していなかった人が、これまでの声の使用に加えて、ヴォイストレーニングを始めたら、疲れるのは当然です。ヴォイストレーニングで唯一、やっていけないことは、テンションがない状態で続けることです。勘も鈍って、集中力も欠け、喉…

Q.独習でもヴォイストレーニングは正しく身につくものなのでしょうか。よい教材があったら教えてください。

A. ヴォイストレーニングは、基本を執拗なまでに繰り返す必要があります。ときには単調に感じて、やめたくなるときも出てきます。そういうときに自分に厳しくできる人でなくては、独習は難しいでしょう。この厳しさというのは、ストイックということよりも…

Q.歌やその音源からどう学べばよいのか。

A. 大切なのは、音楽的な基本、ここでは楽理よりは、歌の中の音楽として成立する共通の要素を入れることです。そして、あなたの声を体の原理に基づいたオリジナルなもの]に戻し、使えるようにしていくのです。そのためには、一流の音楽・歌を徹底して聞く…

Q.才能とは、個性とは何ですか。一人よがりにならないためにはどうすればよいですか。

A. すぐれた人の真似をするのは、あたりまえです。どんな天才であっても、誰かの影響を強く受けてきたのです。しかし、これを手段としたり、さらに目的を混同すると、真似しても害になりかねません。 声は顔と同じように、一人ひとり違います。でもその違い…

Q.歌で陥りやすい“まね”のチェックを教えてください。

A. よくいるタイプをあげておきますので参考にしてください。歌には、[自分の表現を自分の呼吸で声としてとり出すことが基本]です。その[作品はリアリティ(立体感、生命力)に、あふれている]かどうかでしょう。しかし、次のような場合も、状況さえそ…

Q.「よくヴォーカリストの○○に似ている」と言われるのですが、「歌がつまらない」、「何を歌っても同じように聞こえる」とも言われます。どのようにしたらよいでしょうか。

A. 有名なアーティストに似てるといわれるのは、自尊心をくすぐられ、うれしいものです。[他人のことばは、両刃の剣、あなたの受け止め方しだい]で毒にも薬にもなります。喜んではいけません。歌い回しというのは誰にでもクセがあります。そのクセの部分…

Q.カラオケのうまい人の歌では、なぜ感動しないのでしょうか。

A. というならば、私の思うにカラオケの限界とは、有名な歌い手の摸倣から抜け切らない(オリジナリティ、自分の思いのなさ)、曲(オケ)のメリハリにのせられている(音楽性のなさ)、エコーによって、声がぼやける(声そのものの力のなさ、声の芯、線の…

Q.感情表現をうまく歌に生かすには、どうすればよいですか。

A. いくら豊かな感情をもっていても、それを声で表せないと、人に伝えることはできません。 まずは、発声の問題です。感情が声にうまく出ないのには、さまざまな理由があります。特に多いのは出そうとしている高さの音での自然な声質(音色)とその響き(フ…

Q.歌っている途中でリズムが狂うのですが、どのように直せばよいでしょうか。

A.音楽はいくら複雑なメロディがついても、一定のテンポとリズムパターンを乱してはなりません。とはいえ、そこで感情を込め、部分的にメロディやリズムをフェイクしてもよいのです。そのズレこそが、個性であり、歌唱の本髄なのです。しかし、テンポの感…

Q.「フレージング」って何ですか。

A.「フレージング」とは、曲を演奏する上で、楽譜に書かれている音符と休符の羅列を、どのようなまとまりにして演奏するか、つまり「フレーズ」をどのようにするか、模索し決めることです。「フレーズ」は、なんとなく知っている人も多いと思いますが、音符…

Q.歌での、リズムと呼吸の合せ方がうまくいかないのですが。

A.歌のリズムと呼吸が合わない、ということは、まず、体がその歌を、感じていないということです。テンポの遅い歌もあれば速い歌もあります。起伏の小さい歌もあれば、起伏の激しい歌もあります。その歌の感じを、体で捉えていれば、声も呼吸も、その歌のリ…

Q.演歌とロックのビブラートは違うように感じます。ビブラートというのは何ですか。

A. ビブラートというのは、声の揺れですが、よい発声・無理のない発声をしていると、発現するのが、自然で美しいビブラートです。 それとは違い、意図的に音を揺らすのが、弦楽器などのビブラートです。声も同じように、意図的に揺らして、美しさや感情をつ…

Q.胸の真ん中とか軟口蓋を意識して響かせるのか、それとも眉間に響かせて意識して歌うのがよいのかを知りたい。

A. 結論からいうと、どちらも大きく間違ってはいません。低音寄りの、深く大きな声が好きで、そのような声を出せるようになりたい人は、胸も軟口蓋も意識して声を出していると、少しずつ太く立派な声になっていきます。 ただ、ずっとそれだけをトレーニング…

Q.高音域も低音域も響きません。共鳴を増したいのですが。

A. 共鳴を増やすには、ハミングの練習が、もっとも簡単で、効果の高い方法でしょう。ハミングは、ご存知のとおり、口を閉じて声を出しますが、このときに、声をなるべく前に出すようにします。口の中や、鼻の中に響かせてはいけません。そうしてしまうと、…

Q.私は、声を張りあげて歌えません。そもそも歌に声量は必要なのでしょうか。

A. 最近は、ウィスパーヴォイスや、ほとんど小声で息も使わずに、語りかけるような歌も氾濫していて、マイクや音声加工に重きを置いている分野が、どんどん広がっているようです。そのような曲を、好んで視聴していると、そのような声の使い方が、身につい…

Q.声がうすっぺらく、歌が情熱的に伝わりません。うすっぺらい声は直りますか。どのくらいの声量で歌えばよいのでしょう。

A. うすっぺらい声は、あまり声帯に負担をかけず、楽に声を使っていると、どんどん喉が弱くなり、強い声が出せなくなってしまった結果だと、思われます。昔から、「喉に力を入れないように」と、よくいわれます。実際に私も、高校の合唱部に何の因果か入部…

Q.私は音域が狭く、もっと広い音域の歌を歌いたいのですが、どうすればよいでしょうか。

A. 多くの歌は、1オクターブ半以内なので、キーにこだわらなければ、大丈夫なのではと思いますが、まれに声域が1オクターブ足らずの人も見受けられます。そのような人は、なかなかよい声を出します。アマチュアコーラスを楽しむ人にも、よく見受けられます…

Q.高音になると、バンドの音で消されて、観客に伝わりません。高い声はいろいろ出るのですが、どう出したのがよいのですか。

A. 高音だから消されるのか、バンドの音が大きいから消されるのか、どちらなのでしょうか。バンドの音量には関係なく、高音だけ消されるなら、消されない中低音域の声のような響きで、高音を出せばよいということです。ここで間違えてはいけないのは、中低…

Q.自分の声を聞いて、矯正するにはどうするのですか。

A.まず、お手本となる声を、繰り返しよく聞いて、憶えることです。お手本がなければ、修正していくことができないからです。お手本は、ご自分が目指すジャンルの、目標としたい声でよいでしょう。日常的に何度も聞いて、その声のすべてを憶えるつもりで取り…

Q.日本語で歌うのが苦手です。よい勉強法はありませんか。

A. 日本語で歌うのが苦手で、日本語以外なら平気ということならば、問題の解決は、それほど難しくはありません。まず、日本語の歌詞を、日常生活で使っている日本語として捉えてしまうところから、その弊害が始まります。意味のよくわからない呪文だと思い…

Q.歌っているときに、ことばが聞こえにくくなります。どうしたら直りますか。速いテンポに、口がまわらなかったり、言い間違ったりします。

A.まず、声が前に出ていないと、ことばはわかりにくくなります。深い声、充実した声、立派な声、大きな声を目指していると、その成果に気を取られて、いつの間にか、深く大きな立派な声なのに、ことばはよくわからないということが起こります。 オペラなど…