発声と音声表現のQ&Aブログ

ヴォイストレーニング専門の研究所内外の質問と、トレーナーと専門家のQ&Aブログです。 あくまで回答したトレーナーの見解であり、研究所全体での統一見解ではありません。また、目的やレベル、個人差により、必ずしもあなたにあてはまるとは限りません。参考までにしてください。 カテゴリーから入ってみると便利です。 【rf :他に詳しく答えているのがあるので、それを参考にしてくださいという表記です。】 引き続き、ご質問もお待ちしています。できるだけ順次とりあげていきます。

01.姿勢/フォーム/体

Q.声を出すときには、顎を出してしまいます。

A. 首や顎を突き出すのはあまりよくありません。顎を引くことによって、声は深く説得力のあるものになります。無理な力が入っていると、発声に影響するわけです。首や顎や肩の力を抜くのは基本中の基本です。

Q.喉のマッサージをしていたら、あまりよくないといわれました。☆

A. マッサージは、全てによいということではありません。どこをどのぐらいどのようにやるかによって効果も変わってくるのです。 筋肉などをほぐす時も、強く長くやりすぎると、炎症を起こして逆効果になることもあります。 喉は、とても複雑で敏感な箇所な…

Q.ヴォイトレに顔の筋肉は関係あるのでしょうか。

A. 表情筋というのは、表情をつけるわけで、感情を伝えるために歌い手でなくても必要な筋肉です。日ごろからそれを使っていない表情が硬い人は、感情表現力が劣るわけです。 ですからこれは、音程だけでなく、声もリズム感も感情もよくなるということです。

Q. 体力のトレーニングはどのくらいするのでしょうか。

A.トレーニングをすれば身につくものについては、行うことが最も基本的となります。 日常生活での、平均的な運動量にもよるので、その人の心身と生活そのものを、見なくては何ともいえないことです。

Q.筋トレで歌う筋肉もつくのでしょうか。

A.ケタ外れに、筋肉をつけたりすると、アスリートとしての競技がやりにくくなるということはあるでしょう。ボディービルダーが、スポーツ競技をするのに、筋肉が邪魔するということです。しかしこれは目的が違います。歌う筋肉が何を意味するのかですが、…

Q.歌手や声優になるのに、腹筋をつける必要がありますか。

A.心身を使いやすく整えやすくするために、最低限必要な筋肉は、あるわけです。それを持っている人は維持すればよいし、持っていない人は、つけるのは当然です。

Q.腹筋が弱いと歌えないのでしょうか。

A.腹筋がないから歌えないということは、あまり指摘しませんが、呼吸が足らなくて歌えないということは、明らかにわかることが多いわけです。その呼吸と筋肉とは連動しているわけです。

Q.ヴォイトレでは、最近、腹筋を鍛えることにを否定的な人が多いのではないですか。

A.腹直筋を鍛えすぎると、呼吸のコントロールがしにくくなるようなことをいう人もいます。トレーニングと実践を分けなくてはいけないということと、トレーニングの途中において、実践をすぐ行うのに不都合なことが起きる事を知っていれば、混乱する必要は…

Q.理想的な姿勢にはどうすればいいでしょう。

A.背伸びをしてから踵を落としてください。 これは姿勢を正す方法で、ヴォイストレーニング以外にも、整体やスポーツ、ジムなどでも使われています。理想的な姿勢にするのに、手っ取り早い方法です。

Q.ヴォイストレーニングには、どのストレッチが有効なのでしょうか。

A.最近は、ヴォイトレに、体操やストレッチといったようなフィジカルなトレーニングが入るようになりました。いろんなトレーナーの指導の中にも、取り入れられています。 質問が多いので、体に関する専門家などとも会う機会が多くなりました。私も専門書や…

Q.重心を低くすると声が出ると教わりました。

A.身体を使うことにおいては、体幹や重心が重要なポイントとなります。そこを注意されたということは、姿勢や心構えのところで、よくないところがあったと思われます。また腹式呼吸等との関わりから、重心を指導する人もいます。姿勢を整えるということに…

Q.どうすれば重心が低くなりますか。

A.いろんな方法がありますが、イメージを丹田に置いてみるだけでも変わります。電車などで揺られたときに揺らがなければよいでしょう。バランスボールでも練習できるでしょう。片足立ちをすると、わかりやすいです。

Q.お尻の穴を締めたほうが声が出るのでしょうか。☆

A. 声を習得していくプロセスで、そういう状態になることがあります。例えば高音になっていくと、重いものを持ち上げる時のように内股のほうに力が入り、お尻が内側に引き締まることがあります。ただし、そこから始めることがよいわけではないでしょう。 そ…

Q.姿勢は呼吸と関係があるのでしょうか。

A.背筋を伸ばすと、胸郭と気道が開きます。呼吸法が整ってくると、呼吸筋すべてが使えます。すると内呼吸も効率的に行えます。 胸腔が前後左右に大きく広がります。換気量が増えて、呼吸が効率よくなります。 すべての呼吸筋が鍛えられますから、姿勢もよ…

Q.正しいと信じられてきたフォームは、不変でしょうか。

A.それ以上発展を邪魔してしまう場合もあります。たとえば、教える人を超えるような逸材に対しては、教えるほど、その才能を制限してしまう指導してしまうことがよくあるということです。

Q.正しいフォームというのは決まっているのでしょうか。

A.スポーツなどでも、一般的に正しいとされるフォームが目標とされるので、目で見て違うような形を取る場合、間違いとされます。しかし本当に間違いかどうかは、その人の持っている心身やその使い方、目的によっても大きく変わるのです。 一般的に正しいこ…

Q.脱力を確認する方法を教えてください。

A.普通の状態から脱力することがわかりにくければ、まず力を入れてみると、当然長続きしませんので、疲れが出て、抜けます。これも1つの脱力です。これを足先から頭の上まで、すべて分けて、部分的に力を入れて、解放するを、繰り返していきます。

Q.理想の姿勢のモデルは、ありますか。

A.そういう面では、彫刻を見るのもよい勉強です。なぜなら石や木のような硬い素材なのに、いかにも柔らかく動かしそうな姿態をとっているからです。 もちろん、人体としての美しさを強調する姿勢ですから、アーティストやアスリートが理想とするものとは、…

Q.自由に動ける姿勢とは、どういうものですか。

A.静止していないということです。止まっていても、動き出しそうに見えることです。呼吸でいうと止まっていない状態、しぜんに吸っているか吐いていることです。表向きにはそれが見えないですが、わかります。 考えてみると、発声や呼吸も、同じように軽や…

Q.自分の姿勢をどうしてチェックするのでしょう。

A.まず三面鏡を用意して、裸になって、正しいと思う姿勢で立ってみるといいと思います。自分の全身をよく観察し、知ることです。 これは声と同じです。誰もが聞きたくもないし見たくもないものでは困ります。人前に立って演じるのであれば、そのあなたの声…

Q.理想の姿勢とは、どのようなものですか。

A.一言でいうと、軽やかで、しなやかなものです。つまりいろんなところに自由に動けるようなものです。余裕を持てるということです。 ですから力が入って、筋肉が硬直していたりするのは、もはや死体と同じで、理想とは大きく離れているわけです。

Q.正しい姿勢とはなんですか。

A.正しいというと、きちんとした絶対的なものがあって、その形をとらないとよくなく、間違ったら怒られるような感じがします。しかし、それこそまさに形にとらわれているのであり、むしろ、形が決まっていないもの。無理がなく楽な姿勢、正しい原理が働い…

Q.楽な姿勢というと、だらしのない姿勢のようなことを思い浮かべます。

A.ダラッとしたのが、疲れたときにとる姿勢です。楽とは、そういうものと思う人も多いと思います。しかし、それは何回も組み換えないとさらにだるくなってくる姿勢です。ゆったりしたソファやリクライニングできる高級車のシートもそういうものかもしれま…

Q.バランスボールは、ヴォイトレに使えますか。

A.体の脱力した安定をコアを感じながら、行うのがバランスボールです。力が入るとバランスが崩れるわけです。だからといって力を抜いてもバランスが崩れます。バランスが取れるように力を保持していくことによって、自分の体とボールが一体となり、体幹が…

Q.姿勢に関する秘訣というのは、ありますか。

A.最低限の力で最大の力を発揮するのが何事も秘訣ということになります。体もそうですし声も同じです。そのために鍛えることと同じくらいに脱力することの重要性が説かれているわけです。 ただあまりにリラックスや脱力の重要性が説かれて、そのフォーム自…

Q.どのように自分の姿勢をチェックするのでしょうか。

A.自分が正しいと思っている姿勢をとって、どうなのかを見てみます。何か不自然であれば、それは他の人もそう見えているのです。 特に動くところについてみましょう。顎や胸や肩、腰、お尻は、どうでしょう。 こういうチェックをすることによって、日頃、…

Q.歩きスマホを否定されているのは、なぜでしょう。

A.人は、人目を意識することで気が張り、姿勢がよくなるという効果があります。 スマホのよくないのは、自分一人の閉じた世界の中で、格好さえ気にしなくなることです。 首を前に傾けすぎていると、ストレートネックになります。これは頭痛、めまい、首や…

Q.踏ん張りと声帯とは、関係しますか。

A.瞬間的な力を出すときには、息を止めます。その時に声を出すのか止めるのかというのは、二通りありますが、瞬間に胸郭を固定して声帯を閉じているわけです。つまり、肺の空気を逃さないようにしているのです。息が漏れると踏ん張れなくなります。力が入…

Q.肩甲骨がずれていると言われました。[E:#x2606]

A.猫背になると肩甲骨は外側に引っ張られ、なで肩になります。胸部の大胸筋や小胸筋も固くなります。いつも動かしていると、大体は治ります。

Q.インナーマッスルと姿勢との関係は、どうなのでしょうか。[E:#x2606]

A.とても深い関係があります。上に横隔膜下に骨盤底筋群、周りに腹横筋、多裂筋(腹部)に囲まれたところに内臓があるのです。それによって姿勢も保たれています。