発声と音声表現のQ&Aブログ

ヴォイストレーニング専門の研究所内外の質問と、トレーナーと専門家のQ&Aブログです。 あくまで回答したトレーナーの見解であり、研究所全体での統一見解ではありません。また、目的やレベル、個人差により、必ずしもあなたにあてはまるとは限りません。参考までにしてください。 カテゴリーから入ってみると便利です。 【rf :他に詳しく答えているのがあるので、それを参考にしてくださいという表記です。】 引き続き、ご質問もお待ちしています。できるだけ順次とりあげていきます。

01.姿勢/フォーム/体

Q.ロックのアーティストのような前かがみの姿勢とか顎を上げて歌いあげるような姿勢はよくないのでしょうか。

A. 感情を表現したり、ステージパフォーマンスで効果と、発声や歌唱の基本的な姿勢というのは、目的が違いますから、必ずしも一致するものではありません。歌唱や発声のスタイルにも個人差があります。 パフォーマンスする表現と発声のところで、その動きが…

Q. 歯並びで、歌唱においての問題は生じるでしょうか。

A. 歯並びは、発音と共鳴に影響を与える場合があります。ビジュアル的にも歯並びを整えることができるのであれば、そうしたいものです。できない場合は、それを踏まえた上で、いろんな対処ができなくはありません。自分の欠点をきちんと自覚すれば、それを…

Q.下顎と言われることばに抵抗がありますが、正しい用語なのでしょうか。

A. 私も、その言葉を使わず、顎(あご)と表記を統一していたことがあります。顎といえば、下顎のことという常識的な判断でした。解剖学的には、下顎が下顎骨のことで、上顎は上顎骨と口蓋骨、硬口蓋全体です。

Q.声を出しやすくするためのいろんな運動や動きがあるように思いますが、どれがよいのでしょうか。

A. どれか1つの運動や動きが絶対的によいということではありません。どんな運動も総合的に効果が現れてくるものですから、例えばラジオ体操でもよいと思います。それを発声や、歌やせりふという場合に、何か足らないようであれば、補助する運動や動きを付け…

Q.スポーツの準備運動は発声にもよいですか。

A. スポーツの場合は、そうした準備運動が直接、成果に結びつきますが、声の場合は、必ずしもそれだけではありません。というより、それは、きっと、そのスポーツをうまく行えるために考えられた準備運動です。それでも何もしないよりは、何でもしてみた方…

Q.優秀なスポーツ選手は、身体も歌うのも有利に整えられていると思いますが、いかがでしょう。

A. 日常的にスポーツをしている人は、声が出やすいとは思います。全く日常的に身体を動かしていない人よりは、うまく出るでしょう。でも、喉を痛めている人も少なくありません。歌となると、それ以外の必要要素もありますので、人によります。

Q.なぜ朝一番には、よい声が出ないのでしょうか。

A. 声は身体から出すものですから、身体が眠っている状態ではうまく出ません。スポーツと同じで、朝に起きて、すぐに好成績を残せる人はいないでしょう。寝不足のときも難しくはなります。

Q.朝に声の仕事があるときは、どうすればよいのでしょうか。

A. こういう場合は、身体を起こすことです。シャワーを浴びたり、柔軟体操したりして、しっかりと意識だけでなく、身体全体を目覚めさせてください。 マッサージやヨーガなど、血流をよくするようなことが効果的です。 呼吸もできるだけ深く長く繰り返して…

Q.ストレッチや柔軟体操すれば、声がうまく出るということでしょうか。

A. 声がうまく出るということが何を意味するのかにもよります。もしストレッチや柔軟体操で声がうまく出るのであれば、それは身体が声がうまく出ることを妨げているような状態にあったということです。

Q.肩甲骨の筋肉について教えてください。

A. 僧帽筋と広背筋が中心です。僧帽筋は首から肩の上部です。肩甲骨を寄せます。荷物を持つのにも使います。 広背筋は、背中の下半分の平たい筋肉です。腕を下げたり、背中を支え、肋骨の動きに関わります。この辺が柔軟ですと、呼吸が楽にできるので重要で…

Q.姿勢のための筋肉とはどういうものでしょうか。☆

A. まずは、椎骨に関係する姿勢筋群です。脊柱を伸ばして支えます。その上に、仙棘筋という脊柱起立筋が、肋骨について、椎骨全体に沿って真っ直ぐに伸びています。直立姿勢の維持のためです。これらが柔軟に動かなくては、肋骨が自由に動かず呼吸が妨げら…

Q.表情筋を鍛えると、声質がよくなるのでしょうか。

A. 直接、そのようなことにはなりません。しかし、表情筋を柔らかくしておくと、身体の中の運動と同じで、声を使いやすくなり、歌いやすくもなるでしょう。表現力として、表情も見られているのですから、伝わりやすくなるのです。

Q.腹筋運動はヴォイストレーニングに必要ですか。

A. お腹が割れるほどの筋トレは必要ないというのが私の見解です。イタリアの現役歌手達に話した際、呼吸のトレーニングなども含めて身体が固まる運動はやりすぎないとしている人たちの方が多かったのがとても印象的でした。しかしトレーニングをしないわけ…

Q.喉頭は発声をするためにあるのでしょうか。

A. 喉頭には3つの働きがあります。気道の最上部にあり、声帯という開閉する弁を持っています。役割の1つは呼吸、もう一つは飲食のときに、閉めて、それが気道に入るのを防ぎます。声帯の振動で声をつくるのは、第3の働きです。

Q.喉頭のなかにある筋肉の働きについて知りたいです。

A. 喉頭のなかにあって、その軟骨についている筋肉は5つあります。声帯の開閉や調整によって声の高さや大きさなどを変えます。 輪状甲状筋は、声帯を長くします。甲状披裂筋は声帯を短くして緊張させます。 後輪状披裂筋は声門を開いて外転させ、外側輪状披…

Q. 前のめりの猫背の姿勢はよくないということですね。

A. 気が張っていないと、背中が丸まって、身体全体が前に傾いていきます。前のめりになったり猫背になるわけです。腰にかかるストレスも増えます。

Q.顎が前に出るといわれましたが、よくないのでしょうか。

A. これは発声だけでなく、生きていくためにもよくありません。ヘッドフォワードポスチャーHFPです。このことによって、首から肩にかけて凝りが出て、偏頭痛が出たり、心身症になることもあります。

Q.欧米人は、正面の顔でなく、横顔で判断できると聞きましたが、本当でしょうか。☆

A. 英語のprofilは横顔を表します。日本語の横顔というのと同じく、実像、特徴をも意味します。ヨーロッパ人は鼻が高く頬が引っ込んでいるので、横から見ても、誰かわかりやすいです。ちなみに、コインの肖像画は、横顔です。日本人を含めたアジア人では、…

Q.日本の食べ物はなぜあんなに柔らかいのでしょう。

A. 欧米では、サラダの野菜も硬く、肉も赤身が多く、パンはグルテンが多く、チーズやハムまで挟み込んでいるため、食いちぎって歯ごたえのあるものです。顎の筋肉が疲れるほどです。それに比べたら、日本の食べ物は、皆、病院食のように柔らかいです。柔ら…

Q.人の喉頭の位置が下がったのはなぜでしょう。☆

A. ニ足歩行の姿勢の発達と咀嚼器官の退縮と考えられています。歯列が小さくなって後ろに下がり、脊柱頸部が直立して頭の真下に位置するようになったことで、その間の咽頭上部が狭くなります。喉頭は頸のなかほどまで下がらざるをえなくなるのです。そうい…

Q.唇の大きさが人種によって違うのはどうしてでしょうか。

A. 唇の持つ役割として、セックスアピールがあります。肌が白いと、小さくとも唇は目立ちますが、肌が黒いと、目立ちにくくなるので、大きくなったと考えられています。寒いところでは、皮下脂肪がなく、寒さに弱い唇は、小さくなったとみられます。

Q.オトガイとはなんですか。

A. オトガイは、頤と書きます。訓読みで、音読みでは、イです。本来は、食べさせて養うことですが、身体の名称としては、下顎の先の突出した部分を指します。顎の先です。ホモサピエンスの特徴です。幅は、男性が広く、女性は狭いです。

Q.なぜ涙が溢れるときがあるのでしょうか。

A. 生理的には、涙は眼球の潤滑作用と殺菌作用です。感情が高ぶって涙がたくさん出るのは、自律神経の統御ミスが、人間関係での緊張緩和や生存に有利になることで使われるようになったのでしょう。溢れ出るときは、歌にあるように、上を向いたら、涙小管と…

Q.くしゃみはどうして目をつぶるのでしょう。

A. くしゃみは、元々は、鼻腔の鼻汁や異物を吹き飛ばすために、行うものですから、本当は口を開けて、くしゃみをしては、役割を果たしません。結局、鼻紙で鼻をかむようにしています。動物や赤ん坊は、正しく、くしゃみをしています。強い呼気が必要なので…

Q.鼻の穴が下を向いているのはどうしてですか。

A. 鼻の穴が下を向いているから、呼気も吸気も鼻腔の上部まで達することができます。呼気で、狭い鼻腔上中部にも充分な熱と湿気を与えられます。そのおかげで、吸気時に、温めて湿り気を与えられるのです。鼻毛も人特有のものらしいです。

Q.ストレッチで見落としがちな部分はどこですか。

A.肩甲骨の周辺や、広背筋、脇や肘などの筋肉が使われていません。使わないと、筋硬直を起こし、これは、血液循環量の低下によるうっ血状態ですから、凝りで疲れが出るわけです。ですから、ほぐしておくとよいでしょう。

Q.歩き方についてチェックしてください。☆

A.出す方の足は、かかとから着地します。少し肘を振りながら歩き始めます。反対側の骨盤を少し前に出して、体重をその足のかかとの外側に乗せて進んでいきます。足先は上げます。 地面の上をずらすような歩き方はしないことです。両肘は体の先から前に出しま…

Q.なぜストレッチをしなくてはならないのでしょうか。

A.しなくてはならないということではないのですが、身体の動きなどに不自由を感じるのであれば、そういったことで行った方がよいということです。もともと4足歩行の動物だった人間は、もっと柔軟に、あらゆる筋力を使っていたわけです。特に腰から上について…

Q.歩き方のチェックをしてください。☆

A. かかとがまずしっかりとついていますか。つま先で床を蹴っていますか。身体の上下動や重心の左右移動が適切に行われていますか。腕を振っていますか。歩幅が広いですか。 足幅もそれなりに広い方がよいでしょう。つまずいたり、すぐに疲れるのは、よくあ…

Q.重心が前に偏りやすいので、発声のときは意識的に後ろ重心にしています。

A. 前重心になりやすいという癖を認識しているのはよいことですが、ただ単に後ろ重心にしたら解決するというわけではありません。実際、歌うときに支える部分は身体の後ろ側ではありますが、足裏がバランスよく地面につき、安定して立っているときに本来の…