発声と音声表現のQ&Aブログ

ヴォイストレーニング専門の研究所内外の質問と、トレーナーと専門家のQ&Aブログです。 あくまで回答したトレーナーの見解であり、研究所全体での統一見解ではありません。また、目的やレベル、個人差により、必ずしもあなたにあてはまるとは限りません。参考までにしてください。 カテゴリーから入ってみると便利です。 【rf :他に詳しく答えているのがあるので、それを参考にしてくださいという表記です。】 引き続き、ご質問もお待ちしています。できるだけ順次とりあげていきます。

19.ヴォイストレーニングの考え方

Q.言葉をしっかりというトレーニングをしていると、歌いにくくなりませんか。☆

A. 現実としては、多くの人がそういう問題を抱えています。しっかりいう程度を軽めにするのが、調整法です。 あとは、どちらも鍛えて、切り替え方をつかんでいくことです。 一般的には、よく使う程度の割合で偏って調整されると考えてください。高い声を出…

Q.高い音が伸びていくに従い、出しにくい音や発音が多く出てきました。☆

A. それは高い音だけにとらわれて、ともかくも、その音に当てることだけを行ってきたための弊害です。発声そのものが身体の理にかなっていないことが根本的な原因です。 それまでも、それなりにその発声に慣れて癖で固めて克服してきたので、どこまで続けら…

Q.高い声を鍛えていくと高い声が出ますが、低い声が出にくくなりませんか。☆

A. 高い声を使ってばかりいると、高い声を出しやすく、低い声が出にくくなるのは、使い方での違いです。本当に根本的なところで鍛えられているのであれば、それなりの感覚で変えなくてはなりませんが、低いところも、衰えることは、それほどないはずです。

Q.ヴォイストレーニングは、共通のメニュが確定していないし、トレーナーによってもさまざまなので、実際に役立たないことをやっている場合もあるのではないでしょうか。☆

A. 歌うのに、必要ないことでも、全体のバランスを取るような歌唱時には得られないようなことを、意識的に部分的に集中して行うことによって、補うためにあると思います。

Q.歌ってばかりいたら喉を痛めるのに、ヴォイストレーニングをしたらさらに回復しないとなりませんか。☆

A. ヴォイストレーニングをしているから痛めない、痛めても早く回復するというように、目的、メニュをセットすればよいのです。 もっとベースのトレーニングでいうと、毎日、筋トレや走り込みをしているから、喉を痛めないというプロ歌手もたくさんいます。

Q.せりふをしっかりという筋肉も、高い声を出す筋肉も同じなのでしょうか。

A. 声帯を働かせる筋肉は複雑に絡み合っているので、どの筋肉の働きというように知識では区分しても、限定して、その働きだけを鍛えるようなことは、筋トレのようには簡単にできません。あくまで総合的に鍛えていくのです。

Q.話すことと歌うことと、どちらが喉の発声器官をハードに使うのでしょうか。

A. どのような話なのか、どのような歌なのかによって違ってくると思います。 話し慣れている人は歌うときにハードに感じるでしょうし、軽くやわらかく歌っている人は、しっかりとせりふをいうときにハードに感じるでしょう。 個人差とか目的とか、話すとき…

Q.歌うのに必要な筋肉は、歌っているうちにしぜんに育っていくので、わざわざヴォイストレーニングは必要ないのではないでしょうか。

A. 歌を歌える人は歌っているうちに歌えるようになったということが多いし、自然でもあるので、それでよいと思います。 逆にいうと、なぜヴォイストレーニングなどというものが出てきたのかといえば、それでよくない人がいるからです。 たとえば、それでは…

Q.歌うのに、必要な筋肉は歌っていることでしか得られず、ヴォイストレーニングは、そのために役立たない不要な筋肉をつけるのではないでしょうか。☆

A. ボディービルダーの筋肉は、見た目はよいが、スポーツには役立たないみたいなことを言いたいのだと思います。 しかし、スポーツで考えるのであれば、どのスポーツでも、基礎的なメニュというのは、案外と共通しています。ランニング、腕立て、スクワット…

Q.自分での判断ということが、どこまで当てにできるのかが、よくわからないのです。☆

A. 学ぶことが新しい分野においては、特に身体に身につけるものにおいては、自分の判断というのは、いっとき保留にしなさいといわれます。 白紙で臨んだ方がいろんなことが吸収できるからです。 歌や声に関しては、そうした判断というものが、生きてきてい…

Q.少しうまくなりたいのと根本的に上達したいのでは、方法が違うのですか。☆

A. 違うと思いますが、方法というより、判断の精度の違いでしょう。 一言でいうと、少し上達したいのであれば、これまでの自分の判断を元に乗せて行った方がよいし、今までと全く違うレベルのところをめざすのであれば、これまでの自分の判断を白紙にした方…

Q.声についてずっとコンプレックスがある場合は、どのように声を判断すればよいでしょう。

A. 同じように生きてきて、普通の人なみに声や歌が苦手ということであれば、これまでのそうした判断は全て否定しなくとも、忘れてしまった方がよいでしょう。新しく吸収するつもりで行うのがよいわけです。 あなた自身がコンプレックスをもっているだけで、…

Q.10年ほど歌っているのですが、全く以て声や歌に自信が持てませんがよいのでしょうか。

A. 10年も続いていたら、それはそれなりに確立しているわけですから、自信を持ってください。その上で、何らかの動機づけをしたりとか、バックグラウンドを落として学んでおきたいということであれば、レッスンなどに通うとよいのではないかと思います。

Q.学んだことも、どこかの時点で、自分に合わなくなってくるのでしょうか。

A. そういうこともあるでしょう。学んだことも手放したり忘れたりすることが必要なこともあるでしょう。 知識などを詰めこみ、学んでいくのには、いくら時間をかけても構いません。しかし、それは、自分が確立するに従い、脱却するためのプロセスです。どん…

Q.歌い手でも、喉について専門家のように知らなくてはいけないのですか。

A. プレーヤーでも、自分の楽器のいうについて、すごく詳しい人もいれば、それは手入れする人に任せて、演奏に集中している人もいると思います。ピアニストが皆、調律できなくてはいけないことはありません。どこまで知りたいかによるでしょう。そういった…

Q.発声の勉強をしたいと思いますが、どのように考えればわかりやすいでしょうか。

A. 歌や話し声になるところまでを、段階ごとに分けてみるとよいでしょう。 まずはエネルギーとなる呼吸、それを音に変えるところ声帯、そして、そのまわりにある喉頭筋などの仕組み。さらに共鳴を起こす声道。そこから表情筋や身体全体の仕組みについて学び…

Q.発声器官について学びましたが、次は、何を学べばよいでしょう。

A. まずは目的から考えていくことです。それを何に使うのか、どのようにしたいのかというところから、考えていきます。 もう一つは、さらに発声に関わる器官について、それがどのようにして、そういう働きになったのか進化の過程を勉強するとよいでしょう。

Q.クラシックとポップスでは発声が、大きく違うのでしょうか。

A. 最終的に求められる条件が異なるので、その点において、表現の形態が違うでしょう。クラシックが、共鳴について最も効率的なことを追求していくのに対して、ポップスはそこまでではないということ、それにはマイクが大きく関係しています。 発声の原理や…

Q.しゃべる声と歌う声とどちらのほうに本音が出やすいですか。

A. 歌うときの声は、それなりに準備して緊張して構えて使うことが多いです。また、作品としてあげることが多いので、歌い手の場合なら、日常の声の方が自然であり、本音が見えやすいと思います。役者になると、話す言葉も鍛えられ、演技もしているので、な…

Q.話していると、喉が痛くなることがありますが、それは歌を歌うことでも解決できるのでしょうか。

A. 喉がうまく使えていないということは、多くの場合、使い方が間違っているのではなく、喉がタフではないということです。喉を丈夫にするには、たくさん話すこと、たくさん歌うことで、急にやりすぎて痛めたりしなければ、どちらも効果的です。少しずつ量…

Q.魅力的な話し声は、歌の中にあるのでしょうか。それとも魅力的な歌声は話し声の中にあるのでしょうか。。

A. 話声で歌声をどのように定義するかによっても違ってきます。多くの場合、歌声は、話し声の延長上になります。まず声域が広く高いほうの音にシフトするからです。発声が、地声と変わることもあります。ただ、声である以上、全く別ということはなく、どの…

Q.言語を話すことによって、歌の発声は妨げられてしまうのでしょうか。

A. 声ということでいえば、言語を使うことによって、声は鍛えられます。声域も声量も歌に有利になるはずです。歌の発声が独自のものだということで、もともと自然に身についている、鳥のように考えるのであれば、そう思えなくもありませんが、生まれて、そ…

Q.なぜ同じように中学校、高校と育ってきたのに、声が大きく出る人と出ない人がいるのでしょう。

A. 素質や性格もありますが、最大の違いは、そこまでにどのぐらいの声をたくさん大きく使ってきたかどうかだと思われます。使った分だけ使えるようになるし、あまり使っていないと、やはり使いにくくなるものなのです。運動の能力や筋力と同じように考えて…

Q. 自分の声がよいのか悪いのかがとても気になります。

A. それは誰がどの視点で判断するかということによっても大きく変わってきます。ただ、コミュニケーションの手段としての声であれば、相手に伝わるかどうかということが問われます。声そのものの魅力というのは、文化的あるいは風土的な価値観もあり、一概…

Q.もともと人間は声が出るものだったのに、それを失っていくのだと思いますか。

A. 確かに赤ん坊は、大きな声を出します。ただ、それは言葉でもないし、音量として伝わるだけです。失っていくというのは、そのように無邪気、おおらかに使わなくなるために、声量を出せなくなる、社会的な関係を考えて、声を張り上げなくなる、そのために…

Q.声は大きく出る、うるさいほどですが、ヴォイストレーニングの必要がありますか。

A. 声を大きく出すという結果を求めるヴォイストレーニングもありますが、その逆もあります。小さな声でもしっかりと伝えるとか、大きな声を使えなくても、充分な表現ができるようにするというようなことで、むしろ声がうるさいようであれば、ヴォイストレ…

Q.なぜ身体から声を出して練習しなくてはならないのですか。☆

A. そのようなことを考えても、身体から声を出して練習することは、意識するだけで、本当のところでは、身体が対応するまではできないのです。それでも、身体から声を出して練習しようとするうちに、本当に伝える意味がわかってきます。

Q.ヴォイストレーニングの副作用として考えるべきことは、何でしょうか。

A. 喉が痛くなるとかつぶれる、つまり、荒れたり声帯結節ができたりすることです。

Q.ヴォイストレーニングの副作用を避けるためにはどのように気をつけたらよいでしょうか。

A. 週2回で15分ぐらいしか行わないのであれば、何ら問題はないでしょう。 気をつけなくてはならないのは、喉が乾燥した状態で休みなく続けることだと思ってください。 自分の今のレベルに合わないものは、よい効果より悪い効果を考えておくことだと思います…

Q.ヴォイストレーニングに副作用というのは絶対にないのでしょうか。☆

A. 心身に対して働きかけをすれば、その作用とともに反作用がある事は、当然のことです。ただ、その反作用がそれほど重大な結果をもたらさない、命に直結するようなことはないでしょう。という意味では、ひどく心配すべき副作用はないといえます。 ただし、…