発声と音声表現のQ&Aブログ

ヴォイストレーニング専門の研究所内外の質問と、トレーナーと専門家のQ&Aブログです。 あくまで回答したトレーナーの見解であり、研究所全体での統一見解ではありません。また、目的やレベル、個人差により、必ずしもあなたにあてはまるとは限りません。参考までにしてください。 カテゴリーから入ってみると便利です。 【rf :他に詳しく答えているのがあるので、それを参考にしてくださいという表記です。】 引き続き、ご質問もお待ちしています。できるだけ順次とりあげていきます。

19.ヴォイストレーニングの考え方

Q.出しやすい声が、正しいのでしょうか、目指す声なのでしょうか。☆

A. 出しやすいということは、とりあえずは理にかなっていることです。今日の時点で、話し声で使うのであれば、出しにくい声よりは出しやすい声の方が、よいとはいえます。 ただし、スポーツなどにおける初心者の癖と同じで、そのように使ってきたから、慣れ…

Q.声を使い分ける必要というのはあるのでしょうか。☆

A. あまり相手によって声を使い分けていると、あざといとか見られることもありそうです。 話し方は、相手によって、場合によって、私たちは、かなり変えています。声も変化しているわけです。楽しいときも悲しいときも、同じような声を使っていては、社会人…

Q.舞台の上では大きな声が出るのですが、日常の声は大きく出せません。

A. 舞台の上での大きな声というのが、日常レベルでも使えないとしたら、それはメンタルでの切り替えのことなのか、舞台で疲れていて日常時にうまくいかないのか、いろんな原因があります。 発声障害でも、無理に大きな声を出そうとしたら出るので、そのとき…

Q.目で見るくらいの正確さで、声を耳で聞いて判断できるものでしょうか。

A. 視覚は比較的、鍛えられていくので、かなり正確な判断ができるようになります。それでも、錯覚や錯視は防ぐことができません。それに対して聴覚は、あまり磨かれていないと思います。特に日本人の場合は、視覚に頼ることが多いのでなおさらです。 音とい…

Q.自分の正しい声、よい声は、自分でわかるものでしょうか。

A. かなり個人差があります。早く判断できる人もいれば、なかなかうまく判断できない人もいるということです。また、大体のところを判断できても、その先により厳しく判断していくということになれば、やはり限界があると思います。

Q.声は自分でチェックできるものでしょうか。

A. 普段の声のよしあしについては、録音してみて自分なりに捉えてみればよいと思います。歌声や特別な時の声については、どのぐらいあなたに基準が入っているかによります。 とはいえ、大体は主観的な基準ですから、自分がよいと思っても他の人にそう思われ…

Q.歌うのに、ヴォイトレはしないほうがいいといわれました。

A.誰でも面倒なことややることが嫌いなので、そういうことを否定するような人のいうことを信じたいと思うのです。その結果どうなったのかというのを見てみれば、よくわかると思います。

Q.歌手でフィジカルトレーナーについている人が多いと聞きました。

A.ヴォイストレーナーの前に、フィジカルトレーナーや整体、マッサージなどといった身体のプロに調整してもらうことが声にも効果的なことが少なくありません。 アスリートなら試合前の準備運動や体の不調の時に身体を整えてもらうためには、コーチでなくフ…

Q.ヴォイストレーニングというのは、どのぐらいで効果が出るのでしょうか。

A. 大体、何でもやっていないことを行うと、行った分、それなりの効果が出ます。例えば運動不足だったり体がガチガチの人が、柔軟体操やラジオ体操をしたり、マッサージに行ったりすると、それだけでも、よりよく声が出るでしょう。 ですからどんなトレー…

Q. 身体を整えるだけで、声は出るようになるのですか。

A.身体が整ってない場合、整えることによって声はこれまでよりも出るようになります。これが、私の考える調整のヴォイストレーニングです。もちろん今の中でよりよくなるということで、それ以上のものにはなりません。またヴォイストレーニングのリラック…

Q.ものまねから入るトレーニングというのは有効なのでしょうか。

A.人にもよりますしものまねの相手にもよりますし、目的にもよります。ただいろんな声の出し方を研究してみるのは、役立つことだと思います。喉が痛くなるようなことを避けていろんな声の響きを楽しんでみるのはよいことでしょう。

Q.ヴォイトレは、できるだけ声をたくさん出した方がよいのでしょうか。

A.マラソンでもいきなりフルマラソンに出る人はいないはずです。少しずつ走る距離を伸ばしていくでしょう。試しつつ、調整していかなくてはなりません。

Q.声の状態が悪いなら、耳鼻咽喉科に行けばいいのですか。

A.医者ですから、病気を見てもらうところです。発声に関することでしたら、音声クリニックを探してください。耳鼻咽喉科は、鼻と耳の病気などが主です。命にかかわるからです。声がうまく出ないなら、ポリープなどでなければ、病院よりは、ヴォイストレー…

Q.ヴォイトレは、どういうことをするのでしょうか。

A.ヴォイストレーニングというのも、簡単にいうと、こういうことの繰り返しなわけです。ただ、このぐらいのシュミレーションでは、あまり幅が広がらないので、あえて、変化をつけていきます。それがメニューです。 高めにしてみてください。低めにしてみて…

Q.ヴォイトレでよくなるとは、具体的にどういうことが考えられるでしょうか。

A.発音が明瞭になった 姿勢がよくなった 発声がよくなった 声が通るようになった 喉に引っかからなくなった 声が響くようになった 歌いやすくなった 高い声が出るようになった 大きな声が出た 魅力的な声になった など、さまざまです。

Q. ヴォイスパーカッションは発声によくありませんか。

A. 声を出すことは、使い方がとてもよくないとき以外は、それなりに有効だと思います。ただ目的が違うと、自分が伸ばしていきたい声などに対して、効率が悪いことはあります。 何でも試すことはよいと思います。むしろ呼吸や表情筋などの使い方の勉強になる…

Q.即興的に効果を上げる感じが、稽古にはないのですが。

A.そうですね。このメニュですぐに効果が上がるとなると、それはトレーニングメニューであって、稽古とはあまりいわないかもしれません。 稽古と練習というのもニュアンスが違います。練習は、トレーニングの意味で使われることが多いような感じがします。…

Q.トレーニングと稽古とは、どう違うのですか。

A.使う人によって違うとしか言いようがありません。ただトレーニングというのは1つの目的に対してそれを最短で効率よくなし遂げていくためのプログラムのような感じです。それに対して稽古は、日々、同じことを繰り返している中で、何かしら総合的に深めて…

Q.歌のレベルアップをヴォイトレで考えたいです。

A.すぐに限界がきてしまう歌声に対して、ステップアップということを考えたときは、ヴォイトレがお勧めです。しかし、大体の場合は、歌いながら声が出てくるわけですから、なかなか理想通りにもいかないのです。それなら、ある程度、基本的な発声を得てか…

Q.トレーニングとその効果の判断に迷います。

A.そのときにプラスになっているのかマイナスになっているのかは、簡単にはわかりません。それでも、できるだけプラスになるときにプラスにし、マイナスになるときは、よりマイナスにならないように休めるとか、よりマイナスになるのを少なくするというこ…

Q.声が弱いのですが。

A.声の弱い人は、病弱な人や歳をとった人がトレーニングをすると考えてみるとよいかもしれません。 やりすぎることによって、うまくいかなくなって中断することのないように、無理をしないように、少しずつ耐久性をつけていくという考え方です。 その判断…

Q.声量、声域が限界と言われました。

A.声量、声域とも、自分の能力を超えた部分では、どうしても限界というのが出てきます。 限界に関しては個人差があり、個々に判断しなければなりません。誰かが何年かトレーニングをしたからできたといっても、自分も同じようにできるとは考えないようにし…

Q.いつも、やり過ぎて注意されます。

A.エネルギッシュにやる気満杯でのやり過ぎはよいことです。過剰は押さえられます。不足こそ補わなくてはいけません。これまでの考えに囚われず、自分なりに追求して打ち破っていくことです。

Q.レッスンを使う意味は、何でしょうか。

A.早くできること、速くでなく効率よくできること、そのために便利な存在がトレーナーで、その手段がレッスンとみなされがちなのでしょうか。便利とは、早くできること、確実にできることです。技術などと言われるのはその対処法の一つです。 でも、人が競っ…

Q.メニュがたくさんあって、混乱します。[E:#x2606]

A.メニュをすべて使わなくてはいけない、終わらせるものと考えなくてよいでしょう。本当に必要な一つか二つのメニュがあればよいのです。他は、余分なものを捨てるために使うのです。無駄か有用かも考えなくてよい。考えないために数えきれないほど無駄をす…

Q.ノウハウをどう身につけるのですか。

A.レッスンの目的は、ノウハウを身につけるのではありません。身につけたものがノウハウと呼ばれてしまうこと、ノウハウとさえみえなくなることです。ノウハウとして切り出せるもの、メニュやマニュアルなどは、大して、他の人に通じないのです。わかりやす…

Q.ヴォイトレの本やレッスンで、できるようになりますか。

A.本やレッスンについていうと、碁やサッカーなどと同じです。ルールや成り立ちについて知ることで、初歩的なプレーを楽しむことはできます。本もレッスンも、そのためにあるものでしょう。 「誰でもすぐに、何でも、できるようになる」などと言うところで…

Q.目標が決まりません。

A.目標がそう簡単に立てば、それはもう実現したも同然ですから、目標と計画が大切でしょう。目標がある方が必要性、優先度、モチベーションなどによいのは確かです。一つは行動することです。目標を決めるという目標でレッスンをスタートすることでもよいで…

Q.見本を忠実に学べばよいのですか。[E:#x2606][E:#x2606]

A.見本は、手本でなく、一つの叩き台、タッチと言っています。最初は、何かしら基準を与え、まねさせるというのが一般的な教え方です。初心者なら、わかりやすいサンプルとして使うのです。 でも声には、最初も初心者もない。顔に不正解がないのと同じで、そ…

Q.メニュは何のためにありますか。[E:#x2606][E:#x2606]

A.メニュは、声の動きとしての基本のフォーム、これを型といいます、それをつくるためであり、また、それから自由になるための型ということです。これまでもバスケットやボールや素振りなどで説明してきました。 型というのは、形と違ってフォーム、動きの一…